最も恐ろしかったのは2回目の脳出血

かも知れないと思った事です。(談.OSD)

2月27日深夜2時の出来事。 昨日カニバスツアーから戻り、疲れと足の痛みが大きくなっていたので早く床に就いた僕は、この異常さに目が覚め救急車を呼んだ。

前の様に頭が痛くも、痒くともなく、脳出血を起こしているんじゃないか!?そのせいで只でさえ麻痺していた足がコントロールを失い転倒した?

様々な考えが頭を過る。

救急車が到着し、救急隊員に事情を説明。勝手は分かっていた。脳疾患の発症とその症状は人によって様々とも聞くから、不安は更に大きくなる。足が痛いのも消えず、最近2度目の脳疾患再発をした人の話も思い出すし、頭の中はヤバい要素で一杯になった。しかし、ERのDr.の見立ては「骨折」。

一気にほっとした。しかし、それはそれで新しい心配事が思い浮かぶ。歩くのに深刻な骨折なのか!?折角良くなりかけているのに、元には戻らないのか??

 

そこから一般病院へ入院手続きをし、入院したのが朝の9時頃だったと思う。

突然の救急搬送、そして入院。

ERでも画像診断を受けたが、ここでも再度画像を撮った。

病名:坐骨骨折
症状:日常生活動作障害 歩行障害

脳出血が更に酷くなることは避けれましたが、又歩けません。

しかし、「外を歩行中に転倒したのが原因で」と言うなら分かりますが、まさか家の中で木材の床の上での転倒で、(骨が折れるとは思わないでしょう!!)この結果は何とも言えませんでした。

不幸中の幸いか2〜3週間で骨は自然治癒し、手術もなし、薬もなし、コルセットを付ける様な骨折でもないので、外見上はいつもと同じです。コケた時の状況を更に説明してみますと、sgtjk(画像は写真素材から)

写真と同じ体勢でシャツを洗面台の前で立って脱ごうとしてたんですね。勿論、視覚も遮られ昨日飲んだ眠剤の影響も考えられるし…
右半身が麻痺して動かない僕は、この体勢で後ろに「ドスン」。

とにかく、物事は良い様にとらえ、麻痺の回復から遠くなりますが、又頑張って行くしかないでしょう。

暫くは病院のベットの上からの投稿。しかも、ここはいつもリハビリに通っているP病院です。皆知っている顔ばかり。皆、僕がストレッチャーで運ばれて来た時は驚いていました。

骨折もリハビリを受けるんですが、担当もいつものセラピストで、特にPTはテンションが少しおかしいんです。ヾ(@† ▽ †@)ノ

「私がなんとかしたる。あんたを歩かせるのは、私だ」

いつもより口数も多く、なんだか嬉しそうです(笑)。

僕は「暫くは入院中はノンビリしよう」と思っていたのに、「明日からベットにいるのは食事中ぐらいにし、車椅子で移動出来る様に特訓です」って…

今年に入ってから神社へお参りをした事を投稿していましたが。こんな事になるならお祓いでも受けておけば良かった。で、財布に入れたおみくじを見直してみると「病気 軽い 信神せよ」とあり又々ほっとしました。

いつも周りから温かい目で見て頂いているのに、御心配をお掛け致しまして全く申し訳ない心驕らずして反省です。

今回は大事に至らなかっただけラッキーだと思わせて頂き、骨折の入院リハビリは今からスタートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA