火垂るの墓 神戸

先日、テレビでアニメ「火垂るの墓」を見た。お盆になると2年に1度放映されていたが、最近は久しぶり。なんでも戦後70年にあたる今年は、終戦の日前後としては6年ぶりとなる放送だったそうな。

このアニメには神戸も重要な舞台の一つで、「神戸大空襲」が物語の前半に出てきます。私の叔父さんが話してくれたのを思い出す。「もう何もない焼け野原やった(神戸大空襲の回想)」
話を聞いた時には実感が沸かなかったけれど、今はなんでもUPされているんですね。アニメの放送を見てネットでググったら、本当に空襲で焼けて何もなくなった景色がそこにありました。山の形といい、モスクといい、紛れも無い神戸です。神戸大空襲については多くのことが動画でUPされていますが、見たことがなかったので驚きました。

神戸大空襲の事をナレーションで説明された短編の動画

本当に何もない。空襲で家が焼けて、その後はそこの地面に線を引いて「ここはうちの土地」と居座る、凄い区画整理を強引に推し進めたのが三宮の駅前だったと聞きました。この時代生きていてやくざになっててもおかしくないと叔父は言っていました。

戦後70年の今日、神戸は何度も火の手をくぐり抜けてきたなあと思いました。

今の様子からは想像できない一昔前のこと。たった70年前はこんなだったとは・・・。因みに私は50ですから、生まれる20年前です。

火垂るの墓を書いたブログは沢山ありますが、その中で”火垂るの墓紀行”と言うのはおかしいですが、アニメに出て来るシーンと場所と、実際に実在するところを忠実に見れる記事がありましたので、勝手ながらご紹介させて頂きます。

あのアニメ 火垂るの墓がここまで神戸と夙川を舞台に書かれていたとは知らなかったです。

この記事を見てもう一度アニメをみると「あ!これよく通るあそこだ!」みたいな発見があるかもしれません。

火垂るの墓 : ロケ地紹介 : 神戸

私事ですが、私の妻の妹さん達が2年前に会いに来てくれた時、私と待ち合わせした石屋川駅から御影公会堂が見えました(自分の昔のことです)。映画の御影公会堂が見えるシーン(画)は阪神芦屋川駅から見える景色と同じだと今気が付きました。

atowee

神戸に住む方達が普段何気なく見ている景色がアニメ「火垂るの墓」には出てきます。

悲しいお話でした

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援のポチッとヨロシクお願いします 。ฅ(^ω^ฅ)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA