約1万5千発☆神戸の花火大会に行ってきました

8月4日土曜日、神戸では「第48回みなとこうべ海上花火大会」が行われ、約1万5千発が夜空を染め、約32万8500人(主催者発表)を魅了しました。

日が暮れ、厳しい暑さが和らぎ始めた午後7時半にスタート。色鮮やかな花火が港一帯をまばゆく照らし出すたびに、会場から大きな歓声が上がっていました。

僕は毎年自宅近くから花火大会を楽しんでいましたが、見る場所を変えて楽しもうと「ハートフルゾーン(障害者観覧エリア)」から鑑賞してみました。車椅子利用者や体に障害のある方達が、今年も安心して会場の近くから花火を楽しんでいました。

毎年これは参加者の募集があり

FBの花火大会のページ

か神戸市のHPに、毎年5月末頃になると障害者手帳をお持ちの方と介護者(2名以内)の方に向けて、事前に告知されます。募集数以上の申し込みがあった場合は抽選となっていますが、僕が思うにほぼ皆さん行けると思います。

今年の神戸市の広報ではこういう内容でした。


2018年

ハートフルゾーン(障害者観覧エリア)利用者の募集

場所:兵庫ふ頭
費用:無料 ※イスはご用意していません。
対象者:障害者手帳所持者と介護者(2名まで)、車での来場可
申込方法:《往復ハガキ》に障害者本人の住所、氏名、電話番号、介護者の人数、車の場合は車種を記入の上、下記宛先へ申し込んでください。応募者多数の場合は抽選。
〒650-0042 神戸市中央区波止場町2-2
神戸港振興協会「ハートフルゾーン」係
締め切り:6月15日(金曜)必着。
詳しくは別紙チラシ「ハートフルゾーン(障害者観覧エリア)の募集について」をご参照ください。


少し手間が掛かりますがお陰で今まで見たことのないアングルから花火を楽しめました。いつも見る角度からは下の方に見える仕掛け花火が見にくかったですが、ここからは全体を見渡す感じで全部の打ち上げ花火が見れました。

そして今回も下手ですが花火の写真を撮りました。設定はこんな感じです。

レリーズを買う暇がなかったので手押しで(三脚有り)シャッターを切りました。やはり今年も練習なしの花火の撮影は難しかったです。

[robo-gallery id=”8040″]

写真の腕はまだまだ鍛錬が必要です。
タイミングを外した写真ばかり・・・

実際はもっと綺麗です。

ハートフルゾーンはスペースに余裕があり、皆さんアウトドア用のテーブルと椅子を持ち込んでリラックス状態。すぐ横に駐車スペースがあるので、クーラーボックスを持ち込んで飲食しながら楽しんでいるグループが多かったです。
後ろに大きな倉庫があり、日陰になっていたので太陽が照っていても苦にならなかったです。

潮風がとても気持ち良かった(´▽`)

昔、この花火大会の帰りし妻と手を繋いで公園の中を歩いて帰ったのが懐かしい・・・


★ブログランキングに参加しています。

よろしければ応援のポチッを一日一回、
押すとランキングが上がります。よろしくお願いします 。
(=^・^=)

↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

(ΦωΦ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA