2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その5-ハワイ最後の夜はTHE BEACH BARで🥂

ウキウキなHawaii❣️

シーライフパーク・ハワイから送迎バスで一旦ホテルに戻り、ハワイ最後の夜はモアナサーフライダーウェスティンホテルの1階にあるバー、ビーチ・バーで軽い食事とお酒とフラを楽しみました。

最後の夜なのでハワイに乾杯です。

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その3-Kalakaua Ave

にてご紹介したBARです。

バニャンツリー (ベンガルボダイジュ)が出迎えるビーチバー入り口

 

中庭に堂々とそびえ立つベンガルボダイジュは、1885年、農務省実験局長のジャレッド・スミス氏によって植樹されました。当時その木は樹齢約 7歳、高さ約 7フィート(約2.1m)でしたが、今では

高さ 75フィート(約22.8m)にまで成長し、横150フィート(約45.7 m)にわたり枝を広げています。この歴史ある木は 1979年にハワイ 特定稀少樹と認定されました。又、アメリカ・ザ・ビューティフル・ファンドの理事会において、ハワイ・ミレニアム・ランドマーク・ツリー

(新世紀に向かって保護する必要のある、州に唯一本の歴史的樹 木)に指定されました。ベンガルボダイジュは熱帯性イチジク属の 一種で、親木の割れ目に入り込んだ種が芽を出す着生植物です。

沢山の木根を出し、木根はやがて幹のようになって横に広がり、老齢のベンガルボダイジュではどれが元の幹だかわからないほどで す。枝が広く横に張り出すので、緑陰樹として利用されます。

世界ー大きいベンガルボダイジュはインドのカルカッタにあリます。 ヒンズー教ではベンガルボダイジュは神聖なものとされ、「樹木の 中の樹木」と呼ばれています。どこまでもその枝を伸はし続けるこ とから永遠の命の象徴とされ、「願いことがかなう御神木」 として

人々に崇められています。また、フィリ ピンの神話では、ベンガルボ ダイジュには多くの魂や鬼のような生物 (ヴィサヤ人の間では「人間以外の何か」と呼ばれるもの)が宿るとされており、巨人や小人、 半馬人といった神話上の人物と関わりがあると信じられています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このベンガルボ ダイジュの近くに席を取りました。海からの心地よい風が吹く中、オーシャンビューな席に着きたかったんですが、あいにく南側の席は人気があり、その代わりにと言ってはなんですが、ハワイアンの演奏とフラが丁度良い感じの距離で楽しめます。

折角のハワイなのでトロピカルドリンクをオーダー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私はハワイに来てから好きになったチチ。パイナップルジュースとココナッツミルクをたっぷりと使うトロピカルカクテルの定番です。

妻は僕の勧めでマイタイ。マイタイはラムをベースにしたカクテルで、標準的なレシピは

  • ライト・ラム – 55ml
  • オレンジ・キュラソー – 5ml
  • パイナップル・ジュース – 10ml
  • オレンジジュース- 10ml
  • レモン・ジュース – 10ml
  • ダーク・ラム – 2tsp
  • スライス・レモン – 1枚
  • スライス・オレンジ- 1枚
  • カット・パイナップル – 1片
  • マラスキーノ・チェリー – 1個

これらの材料をシェイクし、氷を入れたグラスに移したら、その上にダークラムをフロートさせ、各種フルーツ等を飾ったら出来上がり。近くにあるピンク色の印象的な外観を持つ高級ホテル「 ロイヤル ハワイアン ホテル」にあるバー「マイタイ・バー」でこれを飲んでもよかったんですが、それだと自分のオリジナリティーがないので、タクシーを降りてから移動距離が少ないこちらの「ビーチ・バー」にしました。

こちらのマイタイもとても美味しそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

軽食に「ノースショア ガーリックシュリンプ」とサラダを頼みました。画像はノースショア ガーリックシュリンプのみです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソロ・フラダンサーが毎日5:30PM~7:30PMに出演していて、席に着くと暫くしてミュージシャンによるハワイアンサウンドの演奏が始まりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハワイアンの歌に合わせて、フラダンサーが踊ります。

日が暮れる中、バニャンツリー (ベンガルボダイジュ)もライトアップされます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この下の画像はお借りしました。自分達の席から見て、木を隔てた反対側の画像です。

結婚20周年記念ハワイ旅行の最後の夜に二人で乾杯して記念撮影。ここ数日で随分日焼けしました。神木への願い事は特にしていませんが、これからも無病息災・家内安全を願います。しかし、ヴィジュアルや画像ではそう見せていませんが、重度の右半身麻痺になった体でハワイに来れて感謝です。妻ありがとう🌈 🌴 🦈 🌺アロハ〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

妻が撮影してくれたワンショット。今年後半は健康的なイメージで行けそうです(笑)

フレディマキュ男とパトランプ男とも記念撮影しました。画像が前ボケしていて分かりにくいけど、一緒にハワイ旅行楽しかったね😆

いよいよ、次は日本に帰国の記事になります。

今回も最後までご覧になってくださりありがとうございます

 

さて、次の

Aloha!な旅に続きます❣️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その5-ハワイ最後の夜はTHE BEACH BARで🥂

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その5-SEA LIFE PARK HAWAII​(シーライフパーク)🦈

ワクワクなHawaii❣️

5日目はワイキキから車で約30分、オアフ島東部にあるイルカやアシカ、ウミガメなど海の生き物に会える海洋公園『シーライフ・パーク・ハワイ』に行きました。

ハナウマ・ベイの北に上がったマカプウビーチの北側にあります。ここは初めて行ったところですが、妻は2回目だそうです。

ワイキキからこの道を走っているバスから眺めていると、昔3回体験したオアフ島ぐるっと1周観光を思い出します。

当時主流だったコースは、オアフ島をワイキキから東側に周り、ハナウマベイ

、ラニカイビーチの側を通り、バスの車窓から観光。

20年前ハナウマ湾で撮影した写真です。笑

タートルベイに着くまでは何処に寄ったか覚えていません。そしてオアフ島最北端のタートルベイホテルでビュッフェスタイルで昼食。

タートルベイホテルは昔はクイリマ・ホテルという名前で、あのロッキード事件で田中角栄と米国大統領、リチャード・ニクソンが密談を行ったと噂されていたホテルです。

そこからノースショアを周りサーフショップが立ち並ぶハレイワでマツモト・シェイプアイスか

画像はお借りしました

アオキズ・シェイプアイスを食べてクールダウンし、そこから更に南下し、パイナップルジュースでお馴染みのドール・プランテーションに寄ってパイナップルだらけの※アロハジェニックを堪能します。

※アロハジェニック:今で言うハワイのインスタ映え←(俺の中では死語)を昔はこう言っていました。

当時は一眼レフでハワイで写真を撮るのが趣味でしたので、ポジフィルムのプロビア(PROVIA)等を使ったシャープなアロハジェニックな描写が好きでした。

ウィーラー陸軍飛行場の横で、軍モノの卸(おろし)を売っている店でめぼしい物がないか物色し(昔サバイバルゲームやってました)、ワイキキに帰ってくると言う観光コースです。

オールドハワイの町並みやノースでサーフィンする本格的なサーファーが集まる町の雰囲気が楽しめます。

オールドハワイで思い出しましたが、オアフ島の西でサトウキビ列車に乗るツアーも昔からありました。

ハワイにおける日本人移民のことを考えると、切っても切り離せれないのがサトウキビ畑です。

最初に日本から来た人達は、労働者としてとても苦労して、そしてここに根付き、今に至ります。

ハワイの日系移民の歴史があって今のハワイがある、と言っても過言ではありません。

最近ではもう慣れましたが、ホノルル空港の名前がダニエル・K・イノウエ空港(ダニエルケン・“ダン”・イノウエ空港)に変わったのをご存知だと思います。

アメリカ人になっても素晴らしいスピリットを持つ日本人、万歳です。

 

オアフ島ぐるっと1周観光の話に戻します。

2回目のハワイで初めてオアフ島1周を体験し、3回目のオアフ島ぐるっと1周観光の妻と新婚旅行で来た時はレンタカーを借りて、自分で運転してオアフ島を1周しました。

もうあんなことはできませんが、この『シーライフ・パーク・ハワイ』に行く道のりはハワイの自然が楽しめる絶好の機会でした。

ダイアモンドヘッドの北側からノースまで続くコオラウ山脈の峰が圧巻でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

園内の景色です。

最初に見たのはウミガメです。ウミガメしゃ〜ん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのあと見たのは園内案内も兼ねているパークの動画をご覧下さい。

『シーライフ・パーク・ハワイ』

このパークは事前に申し込んで体験できる体験プログラムがあります。はっきり言ってこれをやらないとツアーで申し込んだ『シーライフ・パーク・ハワイ』は暇で仕方がないでしょう。

体験プロギラムは次の種類があります。

  1. ドルフィン・ロイヤル・スイム

    一番人気のプログラム。
    イルカの背びれにつかまって一緒に泳いだり、2頭のイルカに足裏を押されて水上を勢いよくスライド!最高の思い出となるでしょう。

  2. ドルフィン・スイム・アドベンチャー

    イルカとキスをしたり、イルカの胸びれにつかまってベリーライド!
    さらに背びれにつかまってのスピードライドも楽しめます。

  3. ドルフィン・エンカウンター

    3才のお子様から楽しめるプログラムです。
    可愛いイルカとキスをしたり、餌付けや握手をしたり、イルカのダイナミックなジャンプを間近で観察できます。

  4. ドルフィン・アロハ

    園内裏のバックステージプールで、イルカに触れたり、餌付けをしたり、イルカの様々な行動を観察します。プールに入らず水着に着替える必要がないので、妊婦や身障者の方々の参加も可能です。(身障者の方はトレーナーの事前参加承認が必要です)

  5. その他アシカさんとの体験プログラム

私は水に入れてもこの体だと色々やいこしいので、4のドルフィン・アロハを体験しました。

写真では子供が体験するイメージですが、体に障害のある方や、濡れたくない参加者も参加していました。

イルカ、可愛かったです!

プール越しにお腹をなでなでしたり、ご飯の小魚をあげたり、凄い懐いてきます。キュッーキュッって。

トレーナーの方のお話だと、イルカはさせられているのではなくて、人間と遊ぶのが好きだそうです。

私は足に障害のある高齢の女性の方と同じグループで、他の参加者の方より多く、長くイルカと遊びました。これは特権だったのでしょうか(笑)

可愛いイルカと記念撮影しました。

妻は顔出しNGですがニコニコ笑ってます。イルカも優しい表情で側で写ってくれました🦈

何と言ってもハワイには普通にイルカが海に居ます。どの陸地からも遠く離れて、固有の動植物が生息する、最後の楽園と言われる美しい島『Hawaii』ならではです❣️

誰でも好きになるハワイ🏄‍♀️

体験プログラムでイルカと楽しい時間を過ごした後は、12:30 から始まるドルフィンコーブショー(イルカのショー)を見ました。

イルカのショーは楽しかったですが、最前席の障害者スペースで見たら近すぎて見えていない部分があり残念でした。一番前の障害者スペースより頑張って中段の方から見るのが良いです。

動画をお借りしました。

一枚だけ良さそうな写真が撮れました。僕の機材と腕では限界です。連写した中で良さそうな画像です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウキウキなHawaii❣️

ワクワクなHawaii❣️

このシーライフ・パーク・ハワイも楽しかったです。

さて、次の

Aloha!な旅に続きます❣️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その4- アラモアナC&マジック・アイランド

ワクワクのHawaii❣️

4日目の午後はアラモアナセンターに行きました。通称、アラモアナショッピングセンター。初めてのハワイで来た時は、あのダイエーが所有していたんですよ。

当時はバブルで、日本人はこぞってハワイに投資していました。変な話、ハワイの人にとって、いい迷惑だったと思います。その時を思い出すと、アラモアナセンターは人で溢れていました。何を買ったか覚えていませんが、某FM DJの久○田コージさんに連れてきて貰ったのを覚えています。1989年だったと思います。

ハワイは5回目ですが、毎回何を買ったか記憶が定かでないのは、買い物で浮かれていたからでしょう😆 でも、『T&C サーフ』タウン&カントリー、Stussy、バナナ・リパブリック(Banana Republic)、持っていたのはここで買ったと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕が呼ぶブランド物は、イタリア物の高級物でもなんでもなくて、この辺のベーシックなデザインの洋服です。若い頃はサーフブランドに拘りがありました。massimoの服とかも好きでした。

今年に入ってハワイ行きが決まってからはアロハシャツが欲しくなり、Reyn Spooner(レイン スプーナー アラモアナ センター店)に行きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電動車椅子で服のショップに入るのは気が引けますが、アラモアナセンターに来る前から決めていたので、躊躇なく入店です。そこで、30分ほどアロハシャツを取っ替え引っ替え鏡の前で合わせて、爽やかな白い生地がベースの、シンプルな単色の模様が入ったアロハを購入しました。

派手な色(赤とか)ではなく、ハワイのホテルマンが着用しているような、落ち着いたアロハを探していました。僕から見て「大人のアロハ」です。

 

画像がなかったので帰国後に撮影しました。

お気に入りになりそうなアロハシャツを買って、片麻痺になってから5回、その前と合わすとこの時点で10回ハワイに来ているスーパーリターンな味由部長さんのブログを読んで、フェラガモに僕も欲しくなりオードトワレを買いに行きました。

6月30日 日曜日

残念ながら商品はありませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20年ぶりに来たアラモアナセンターは、5回目が自分は車椅子で、もっと行きたい所はありましたが、昔のようにアクティブに動けず少し残念でした。

この旅が始まってから少しずつ思います。

「あぁ、普通に歩けたり階段を登れたら、もっと色んな所に行けたのになぁ」

「動作が3倍以上時間が掛かるから、何処へ行くにも、なにをするのにも、時間が勿体無いなぁ」

「色んな所へ行って(レンタカーを運転して…昔のように)色んな物を食べて、色んな物を見て、楽しみたいなぁ」

情けない話ですが蘇るのは昔の思い出ばかりです。時間は過ぎ、あの頃とは違います。今、この時を受け止め次に向かって進もう。

知ってました?

アラモアナセンターは今年で60周年を迎えるそうですよ!

結婚式で来た時は40周年。初めて来た時は30周年だったということになります!!!凄い。たまたまですが、時間の経過を目の当たりにします…。

画像はお借りしました。オープン当時のアラモアナセンターの写真です。

1959年8月13日、アラモアナセンターは全米最大のショッピングセンターとしてオープン。その面積は68万平方フィート(約63,000平米)で、店舗数は87店舗でした。オープン当初からのテナントのうち7店、ロングス・ドラッグス、フードランド(現在はフードランド・ファームズ)、レインズ(現在はレイン・ スプーナー)、シロキヤ(現在はシロキヤ・ジャパン・ビレッジウォーク)、テリトリアル・セービングス・バンク、郵便局、ワタムルズが今でも営業を続けています。

古き良きハワイ、今のハワイ、旅する人にとってはお買い物は楽しい思い出しかありませんよね。

アラモアナセンターを後にし、この日の第3の目的地「マジック・アイランド」に行きました。マジック・アイランドとはアラモアナセンターの南側、アラモアナビーチパークとアラワイヨットハーバーに隣接した人口の半島です。

時間的に日暮れにかかる頃、ここからの夕日を見に行きました。

あいにく天気は雲が多く、ここからのサンセットは見れませんでした。でも、めちゃめちゃ気持ち良かったです。オフショアの潮風が吹く中、サーファー達がいい波を求めてこの岬からテイクオフしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

違う一面のワイキキを見ました。

ワイキキビーチ沖越しにダイヤモンドヘッドを望む
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
マジックアイランド での夕べ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結婚式を終えた若いカップルが記念写真をカメラマンに撮って貰っています。何組もいました。ここはハネムーンウェディングで写真を撮る絶景のポイントです。

スマヌ、勝手に撮って。幸せをお裾分けして頂きました。新婚のカップルさん、とても幸せそうでした。

地元の人達がバーベキューを楽しんでいました。公共の公園でBBQが出来るのは羨ましいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな中、穏やかに陽は落ちていきました。夏場はアラモアナビーチからでは角度が悪く、絶景と呼べるサンセットは楽しめませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

静かな波が打ち寄せる半円形の浜辺の向こうに、レインボータワーが見えます。この風景とは正反対の、ダイナミックに波が打ち寄せるアラモアナ・ビーチでの体験は先程も書きましたが違うオアフでの一面を見ました。ありがとうハワイ🌊🏄‍♀️

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4日目終了、あとハワイも2日です😭(号泣)

 

さて、次の…(もう直ぐ終わりあと2回ぐらい.泣)

Aloha!な旅に続きます❣️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その4- アラモアナS.C&マジック・アイランド

 

 

 

 

 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その4-ホールフーズマーケット🍍Whole Foods Market

ウキウキなHawaii❣️

4日目のハワイ🌴

この日は一人早起きして、ヒルトンハワイアンビレッジ内を散策で〜す🌈

昨日は人が並んでいたので諦めた、ホテルのスタバも余裕で利用出来ました。時刻はAM 6:00。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その3-BEACHの記事でこの画像を既に公開しましたが、実はこの日に撮った画像でした。

緑豊かなビレッジ内。鳥のさえずるが何処でも聴こえます。
噴水や滝がいたるところにあり、施設内はどこにいても冷涼を感じるデザインです。
タパタワー1階正面入り口
朝6:30から行われている朝ヨガの風景。この画像のみお借りしました。

この後、10時過ぎにタクシーに乗りホテルを出て、ホールフーズマーケットクイーン店に行きました。Amazonが2017年に米国を中心とした高級スーパーのWhole foods Market(ホールフーズ・マーケット)を137億ドル(約1兆5200億円)で買収したのは、後から知ったのですがかなり有名です。

さて、オンライン販売事業と食料品の販売事業の成功は、全く異なるものです。「Amazonのホールフーズ買収は無謀だった」「確かに安くなったがノンオーガニックの大量生産品の陳列が増えた」等の買収されてからの批判的意見も多いようですが、Amazonの実店舗のWhole Foods Marketはどのようなものか、ぜひ見てみたいものです。

ハワイ行きが決まってから下調べしましたが、この日に行ったワイキキに一番近い店舗のクイーン店は、2018年にオープンした、自然食品スーパーです。

アラモアナショッピングセンターのすぐ近く。アラモアナからは徒歩で10分程の場所にあります。

実際ハワイでコンドミニアムを利用する人の間では、このスーパーがかなり重宝しているらしいです。好きなものを好きなだけ買える、量り売りコーナーも充実しています。

例えが関西の方でしか分からないかもしれませんが、こちらで言う「イカリスーパー」の巨大版でしょうか?大きなワインクーラーにドンペリらしきシャンパンも売ってました。

食料品を見る前に、2階のトートバックコーナーへ行きました。ここWhole foods Marketでもレジ袋の有料化です。今時レジ袋がタダのところはありません。ABCストアもそうです。

今日の目当てはこのトートバックでもありました。

フレッシュなハワイ産のフルーツ photo IWASHI
2階のトートバックコーナー。トートバックは1階のレジ横でも売っています。
エコバックと違って、しっかりした作りのバックが並んでいます。
ハワイ限定、Whole foods Marketオリジナルバック

先日会った友人の奥さんは50個も買ったそうです。どのハワイ本やハワイのブログでもイチ押し。流れに乗って私も購入しました。

そして漸く1階のフードコーナーへ。

ここでのお目当ては日本でいうお惣菜を売っているコーナー。

デリ・コーナー。Amazonプライムに入っていると割引?があるようです。
チーズだけでもこれだけの種類がありました。
焼きたてのピザの切り売り。どれを食べるか迷います。

その中から1つ選び、外のテラスで食べました。デリ・コーナーで選んだフードがこの日の昼食です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビュッフェスタイルデリでサラダ系、フルーツ系、オーガニック系、ローカル産食材などどれもすべて1パウンド=$8.99。ボックスは料理が並ぶ什器のサイドに置かれているので大・小好きなサイズを選び、彩良く盛り付け?しました(笑)。$10ほどでロコ気分を味わえ、これも旅をする楽しさです。

友人は「生ハムの切り売りが美味しい」と言っていました。対面式のカウンターで好きなハムを指差して頼むと、その場で切り分けして味わえるそうです。ワインやビールのおつまみに最高だそうです。

ランチを食べ終わって、1階にあるラニカイジュースへ行き、アサイボウルを初体験。地元の食材を使ったアサイボウルは、それほど甘くなくて冷たくて気に入りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シンプルなアサイボウル

4日目の午前中は、Amazonの傘下に入った自然食品スーパー「Whole foods Market(ホールフーズ・マーケット)」に行きました🥥🥝🍋🍖🥬

さて、次の

Aloha!な旅に続きます❣️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その4-ホールフーズマーケット🍍Whole Foods Market

 

 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その3-ハワイでイタリアン『アランチーノ・ディ・マーレ 🍴』

ワクワクなHawaii❣️

3日目のハワイ🌴

カラカウア・アベニューを電動車椅子に乗って散策した後は、ワイキキビーチから歩いて行ける距離にある、イタリアンレストラン

アランチーノディ・マーレ に行きました。

アランチーノは、ハワイに3店舗ある大人気イタリアンレストランです。

アランチーノ・オン・ビーチウォーク

アランチーノ・ディ・マーレ 

アランチーノ・アット・ザ・カハラ

大阪にも1店:アランチーノOSAKA

この中のアランチーノ・ディ・マーレ にネットのOpenTableで日本から予約を取りました。席の屋内・屋外で屋外のラナイにあたる席を指定しました。

中でもアランチーノ・アット・ザ・カハラのビュッフェはお薦めすると、この後ハワイで偶然会った友人にも聞きました。実際、このアランチーノディ・マーレは今回の旅で一番美味しい。絶品です。聞くところによると日本人がオーナーとか。調べたところ大阪にも現在1店あります。絶対外さない。リーズナブル。美味しいですよ。芸能人も多数来店しています。
岡村隆史
https://www.instagram.com/p/BnBWzzxAFHf/?utm_source=ig_embed
渡辺謙×南果歩
https://www.instagram.com/p/BgGEZpKlnl-/?utm_source=ig_embed
篠原涼子
https://www.instagram.com/p/Bbl4TCKn5Hs/?utm_source=ig_embed
中田英寿
https://www.instagram.com/p/BES5QX1tClL/?utm_source=ig_embed
さまぁ〜ずの三村マサカズ
https://www.instagram.com/p/BdkYIWlnDjq/?utm_source=ig_embed
梨花


石田ニコル・佐藤栞里
https://www.instagram.com/p/BX5Fcn6g9Q0/?utm_source=ig_embed
浅見れいな
https://www.instagram.com/p/Bb35FeQn2l8/?utm_source=ig_embed
パンツェッタ・ジローラモ
https://www.instagram.com/p/Bl7lOh6Adj4/?utm_source=ig_embed
菅野美穂


吉川ひなの


高橋みなみ


有吉弘行、ロッチ中岡、藤田ニコル、青山テルマ、泉里香、TKO木下、メジャーリーグで活躍する日本人選手、前田健太、紗栄子、小嶋陽菜、大勢の芸能人がここに来ています。

サービスをしてくれた男性はイタリア人で、しゃべる言葉がイタリア語。訳わかりませんが親切な対応でした。最後に素敵なサプライズもありました。日本からネットで予約したメッセージ欄に一言「結婚20周年記念での利用」と翻訳ソフトで変換した拙い英語で、日本から書いただけなのに、あれは嬉しかった。妻もとても喜んでいました。アランチーノ最高!イタリア人になりたい♪ ボーノ❣️

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

道路に面したオープンスペースなので、時折、野鳥がテーブルにやってきます。ピントは合っていませんが可愛いい😊

 

メニューと突然やってきた雀。

アランチーノのメニューはこちら

生ホタテのカルパッチオ ・黒トビコとハワイ産シーアスパラガスのトッピング
ガーデンサラダ ・ たくさんの野菜を使った色鮮やかなサラダ、ビネグレットドレッシング
真蛸とセロリのカルパッチオ
★たっぷり生ウニとクリームソースのスパゲティ

酒飲みがアテと刺身だけをつついて帰るようなディナーになりましたが、どれもとても美味しかった。この生ウニのパスタはめちゃめちゃ美味しい。

イタリア人のウェーターの人がやってきて「finish?」という言葉に答え、少し待っていると、お店からこんなサプライズがありました。

特別メッセージがデコレーションされたティラミスが突然出てきました。なんのことかと思い唖然。周りから祝福の歓声が聞こえます。ちょっとした事かもしれませんが、いい歳をした夫婦が、ハワイで真っ白なコーデで、ペアで食事を楽しんでいる光景が、周りにも良い印象を与えたみたいでよかったです。実は結構夫婦喧嘩は多いけど(笑)
イタリア人のウェーターさんに撮って貰いました。
18:00から始めたディナーも気がつけば20:20のハワイです。ここはワイキキから少し離れた距離です。ロイヤルハワイアンホテルと昨日訪れたハウ・ツリー・ラナイの場所と中間ぐらいの場所になります。
店内は満席です。まだ並んでいる人もいます。ハワイの夜は更けていく。
ここの情報はハワイに短期語学留学していたお友達の女子に教えて貰いました。やはりこう言う情報はキラキラの女子に聞くのが一番です。ハワイではベトナム料理なども美味しい店があるそうです。

ここ絶対美味い。間違いない。リーズナブル。ちょっと高級感を匂わすハワイの高級住宅地にあるアランチーノ・アット・ザ・カハラからカジュアルで飾らない雰囲気を感じるアランチーノ・オン・ビーチウォーク、中間で敷居が高くもなく私の年相応で楽しめたアランチーノ・ディ・マーレ(私感です)。ハワイに来たらお薦めしたいレストランです。
今回、最初に考えたのが、ハワイに行く記念のレストランに、ハレクラニのラ・メールに行こうか考えていました。1回目のハワイで、「若いうちに良いものを出来るだけ知っておく」と言う自分理念のもとで利用して、素晴らしかったのですが、確かワインも飲んで、総額6〜800ドル使った記憶があります。貧乏人のくせに(笑)

そのことを考えると、この日のディナーはとても良かった。最高級を味わう資格もない癖に、ない袖を振るわなくて良かったぞ。その前に妻に殺されます😳

話は長くなりましたが、ここハワイに来ているときに海外wi-fiを使って、Twitter、Facebook、インスタグラムでリアルタイムで投稿していたんですね。

それを神戸にいる昔の仕事仲間だった旧友が、滅多にSNSは見ないのに、私の投稿を見て「今、ひょっとしてハワイ?俺もいます」とDMでチャットが入って、

「そうそう、ワイキキ。アランチーノでイタリアン食べています。どこに宿泊してますか?」と聞いたところ、宿泊先も同じヒルトンハワイアンビレッジで驚きました。彼はここ数年、毎年家族サービスで2週間滞在しているそうです。それがね、ただの昔友達ではなくて、結構いろんなところで繋がりがあって、お互い昔から素性も何もよく知る相手だったんです。

今のネットとかで実は繋がっていると言うのにも驚きましたが、それを見て「あ、自分 今ハワイ?、俺も」みたいなちょっと俺セレブの仲間入り?みたいな感覚に喜びました。・・・世間は狭い(笑)

食事しながら連絡を取り合って、タパタワーの1階にあるタパ・バーで落ち合い、神戸からハワイを経て、久しぶりの再会に喜びました。

こんなことってあるんだ。Hawaii、最高👍

K知氏と。ヒルトンハワイアンビレッジ グランドアイランダー横、タパタワー1階にあるTAPA・BARにて。 2019.6.29  Honolulu, HI

奥さんと息子さんと三人で2週間のハワイでの夏休み。これが楽しみで家族の為、自分の為に働いているそうです。聞くところによると1年前に予約をすると航空券がビジネスクラス片道が60,000円で取れるらしいです。キャンセルはできませんが、、、。ホテル代も1年前に予約すると安くなるらしいです。

そういう楽しみを持って日頃頑張るのもいいですね。

毎年ハワイへ行ってる人はそういう裏技を使っているようです。

良いですね。素敵なお話を聞かせていただきました。

楽しい時間は過ぎ、ハワイ3日目のイタリアンレストラン アランチーノでの結婚記念ディナーは終了です。

楽しかった♪

さて、次の

Aloha!な旅に続きます❣️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その3-ハワイでイタリアン『アランチーノ・ディ・マーレ 』

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その3-Kalakaua Ave

ウキウキなHawaii❣️

ヒルトンハワイアンビレッジのコンドミニアム、グランドハイランダーの1階からLeaLeaトロリーでワイキキのロイヤルハワイアン ホテルまで乗車しました。トロリーに乗るのは初経験です。イキって「あんなもん乗れるか。タクシーじゃ、」と金もないのにバブルの勢いをモロに受けて育ったアホは、このトロリー、要するに、この半公共交通機関を馬鹿にしていました。色んな楽しみ方があるのに、酷い価値観しか持っていない男です(何の告白なのか…)。

車椅子でもトロリーからエレベーターが出てきてスムーズな乗車が出来ました。しかし乗り終わるのに時間が掛かり、乗車している他のお客さんが待っているのに、少し気を使い、何とも言えない気持ちでした。利用しているのは殆ど日本人。日本人からは迷惑そうな感じが伝わってきます。トロリーは楽しかったですが、ハワイに来てもこの人達は変わらない。バリアフリーなバスなのに、自分にバリアーを作らされてしまうトロリーでした。

 

ロイヤルハワイアンホテルのバス停に到着し、何回も買い物に行ったロイヤルハワイアンショッピングセンターを横目で見ながら、カラカウア・アベニューを電動車椅子でゆっくりと進みます。シェラトンワイキキに泊まった時に初めて行った、思い出深い場所です。

この奥にピンクの建物、ロイヤルハワイアンホテルがあります

通りの交差点で、上半身は水着を着ているだけの、開放的なアメリカ人の電動車椅子(Electric wheelchair)に乗った女子に”Hi“と声を掛けて貰いました。ハワイはとても開放的。車椅子もUFOみたいな形で大きくて、誇らしげです。

その後。何人かのElectric wheelchairに乗った人を見ました。

ハワイは心も他もバリアフリー

ちぢこまっている自分が恥ずかしく思えました。

カラカウア通りはハワイ観光の中心地・ワイキキのメインストリートです。オアフ島に来れば、必ず一度は訪れる場所ではないでしょうか? レストランやショッピングセンター、高級ブランド店、さらにはビーチまで、なんでもあるカラカウア通りには未知数のわくわくが詰まっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
インターナショナルマーケットプレイス 20年振りの変容に驚きました。昔は出店が並んでいるような印象しかありませんでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カラカウア通り一帯にVUITTONやPRADAなど高級ブランドのショップが多く立ち並んでいます。H&Mなどファストファッションの有名ブランドの店もあり、様々なジャンルのショッピングを楽しむことができます。日本食を含む多くのジャンルのレストランもあり、その時の気分に合わせ様々なジャンルの料理を楽しむことができます。丸亀製麺もこの通りの1本北側の通りのクヒオAveにあります。日本より3倍の値段ですが流行っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モアナ サーフライダー – ウェスティン リゾートの外観です。

一度は中を見てみたかったので覗いてみました。内観です。白亜の、ワイキキでは最も古い歴史を持つホテルです。

このホテルやハレクラニの従業員の方に通じて言えることは、タクシーを呼んだり、お客さんと直接接するサービスをする方はみんな、品が良いのが滲み出ています。そう見えてしまうのでしょうか、何かを訪ねても、物腰良く落ち着いた印象を相手に与えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正面玄関からまっすぐビーチ側に行くと中庭があり、、ビーチバーがあります。ロイヤルハワイアンホテルのマイタイバーと、このビーチバーのどちらに寄ってみるか考えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カラカウア通りを少しずつ東へ向かって移動しています。BEACHの記事で触れましたが、今回、電動車椅子に三脚を取り付けて、カメラやスマホを固定できる仕様にしています。旅行前にハワイ本を見ていて、載っている写真で風景写真が全域に渡ってピントが合っていて、絞りを絞り込んでいる描写が印象に残ったので(RAW画像を加工もしていると思う)、私もあの様な写真を撮りたいと装備だけでも工夫して臨みました。何しろただでさえ片手で、しかも左手で、重さ382gのボディが金属製のPROレンズ+約374gカメラ本体=約1キロ未満の装備を持ち歩いて旅の記録を残そうと言うものだから、手持ちでは無理と考え、この装備にしました。

ハワイに2回目に来た時に写真に目覚め、3回目のハワイに未だアナログのフィルム写真の時代に、弟に借りていた1眼レフマニュアルフォーカスカメラを持ってきて、リバーサルフィルム(ポジフィルム)で数百枚シャッターを切ったのが懐かしいです。クロームはよく使いました。神戸のトアロードにあったプロラボショップ「CREATE(クリエイト)」によく現像に出しました。スイッチを入れると台が光るビュワーで、ポジフィルムをクローズアップレンズで見ながら、ハワイで撮った写真を見るのがウキウキでした♪

昔話はさておき、ワクワクなハワイの風景です。

Honolulu Policeの隣。ここまではワイキキビーチに隣接するホテルで遮断され、海が見えませんでしたが、通りを歩いていると急に景色が広がります。

クヒオ・ビーチ前に建てられた銅像。デューク カハナモク像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デューク カハナモク像の前で記念撮影

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像右側はハイアットリージェンシー。中に入ったことがあります。昔、ロイヤルハワイアンSCを上がったクヒオAveにマハラジャ・ハワイ店がありました。3回目にハワイに行った時には未だありましたが、時代と共に栄華を極めた伝説を残し、なくなりました。私はDJとして地元神戸のディスコを転々と渡り歩いた後、研修でお世話になった店舗も含めて、大阪南マハラジャ本店、大阪マハラジャWEST、神戸King&Queen(オープンDJ)、神戸マハラジャ(オープンDJ)、岡山マハラジャ、に在籍しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

15:30から17:30までワイキキを散策して、趣味の写真が沢山撮れました。

ここからすぐ近くのイタリアンレストランで3日目の結婚記念ディナーです。

さて、次の

Aloha!な旅に続きます❣️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その3-Kalakaua Ave

 

 

 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その3-BEACH

ウキウキなHawaii❣️

3日目の朝です。昨日の「ハウ ツリー ラナイ」

で夕日が沈む頃、曇りだった天気も雲間から青空が見えていましたね。この日は朝から清々しい天気です。

因みにTwitterの日付から1日引いた日が正しい日付けで、書いている文章の曜日も間違えています。曜日は土曜日です🌀

ハロー☀️Waikiki♥️

ホテルにあるスターバックスを利用しに行きましたがこの時間から並んでいました。

時刻は朝の9時過ぎ。ここから今回の宿泊先のタパタワーを撮りました。タパタワーは35階建てのワイキキの中でも高層タワーホテルです。

ヒルトンハワイアンビレッジは何でも有ります。ABCストアは勿論、アビステなどのアクセサリーショップやアサイボウルでお馴染みのラニカイジュース、チャーリーズタクシー、ブランドショップはルイ・ヴィトン(結構大きい)、その他etc

タパタワー
緑豊かなビレッジ内。鳥のさえずるが何処でも聴こえます。
噴水や滝がいたるところにあり、施設内はどこにいても冷涼を感じるデザインです。
タパタワー1階正面入り口
メインロビーと和風な外装のヴィトン

さて、このあとは水着に着替えて海へ行きました!

3日目にして凄く良い天気☀️

ワイキキのビーチの中でも砂浜が広く、プライベート感溢れるホテルのビーチでのんびりとタンニングです。

この時、日本は梅雨入りして雨模様。

こちらは一足先に夏を満喫です‼️

ダイアモンドヘッドが少し写っています。青い空、白い砂と輝くようにきれいなエメラルドグリーンのワイキキビーチの海

動画です🌴🌊

2019年6月29日 土曜日 10:43 ワイキキビーチにて

素足ではなく、装具を履いた状態で砂浜を歩いてみました。砂の粒がきめ細かいのか、靴が砂に深く入りこみます。思わず5m歩いたところで怖くなって断念。

車椅子も砂浜では進めません。三脚とカメラを付けた車椅子で波打ち際で記念写真を撮りたかった…

Electric wheelchair

ホテルのビーチサービスの人にお願いして「ここ」と場所を決め、ビーチベッドとパラソルを持ってきて貰い、「エッサ、ホッサ」とスコップで砂浜を掘ってパラソルを立てて貰いました。

時間は10時頃でしたが、海に近い場所は空きが少なく、皆さん早い時間からビーチでの時間を楽しんでいます。

今回はレインボータワーの前の場所に陣地を構えました。

しびれるように静かで、平和な時間。時折聞こえる波の音。空の青さが、同じ青でも日本の海の空の青さと違います。

強力な紫外線と南国の太陽のパワーを受けて、計2時間半ほどBEACHでの時間を楽しみました。

太陽の光を10年分位この身に浴びて、いかなる負のパワーも跳ね返す、強い自分になれた気分です。

ウルトラセブンが弱っている時、太陽に向かって飛んでいくと、みるみるうちに強さを取り戻していく、そんな光景と自分が重なった感じです。

明日からも暗黒のフォース面に囚われず、光のジェダイの騎士として頑張れそうです。

「ハワイなう」

この後、LeaLeaトロリーに乗って、いよいよワイキキ散策です♿️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その3-BEACH