新しい装具

装具を新調しました。

新しい装具は「RAPS」と言います。麻痺側の膝から下は力が入らない為、装具を使用しだして8年、短下肢装具はプラスチックのシューホン型から始まり、ゲイトソリューション、カーボン支柱型装具、そしてこれから使用するRAPS、計4種類の使用となります。2年近く使用してきたカーボン支柱型装具はコロナ禍による運動不足で脚がパワー負けして、おまけに自身の体重が元々スリムな体型で54キロと軽い為、今までの装具が使いこなせなくなってきたので、前々からカーボン支柱型装具の話がなければ購入しようと考えていた「RAPS」を選びました。

実は納品されたのが3週間ほど前でしたが、納品された装具の形が足に合わず、ふくらはぎとかかとの部分の皮が剥けてえらいことになったので即手直しで装具屋に逆戻り。その他、軽微な変更も終えて、やっと完成形の装具が戻ってきました。

色は黒を選ぶ人が多いようですが、私の場合はホワイトバージョンにしました。(私の行っている病院では、なんと、初めてだそうです)

冬場は衣類の下に隠れて装具は見えませんが、夏場などは装具が見えます。私は春夏の服装は白が多いので、ゲイトソリューションもそうしたように、今回のRAPSも白にしました。純粋な俺の心の中のように装具も純白でなければならんのです🤣🤣🤣

そういえばハワイでの服装も全身真っ白のホワイトコーデで夫婦揃ってレストランに行った時のことを思い出します。私の白好きは神戸で行われている「ホワイトディナー」と言う全身真っ白のコーデで、机も椅子も会場の装飾も全て白、白、白のイベントに行ってから始まったのです。

ハワイ・ヒルトンハワイアンビレッジ のロビーにて

それ以来、普段でも白のコーデをするようになりました。帽子、マフラー、シャツ、パンツ、靴下、靴、持ち物も全て白です。車椅子は白い布をかけていました。不思議なものでこんな貧乏人でもオール白のコーデをすると、アラブの大富豪のように、とてつもなく大金持ちに見えます🤣🤣🤣

バックナンバーのハワイの記事もみてね♪

話を装具の話に戻します。

記念に写真を撮りました。こんな感じです。

ゲイトソリューション(←この装具が1番長く使用した。5年位。油圧等故障が多いので変えました)と同じく軽量。

ゲイトソリューションのように足首に可動性を持す為、このように背屈の角度に遊びを持たすセッティングにして貰いました。

問題のあった、かかと部分の丸い部分は擦れないように作り直して貰いました。

甲の部分のベルトは付けないで外してと指示しましたが、靴の中で爪先が内側に寄って内股の着地になったので、結局付けて貰いました。足が悪い技工士さん、お昼休みを潰して作業してくれて有難う。

装具が合わず歩けなくなって5ヶ月、この装具で少しずつ前の感覚を取り戻して、安定して歩いての通勤、色んなところに車椅子に乗らず歩いて遊びに行く。折角だからGo To使える間に弟の住む京都に遊びに行ったりしたいです🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️

 

 

名前がまだ無い装具

今回の記事の内容は『装具』

ツイッターの呟きを載せながら書いていきます。先ず型を取りました。

この製品にはまだ商品名がありません。画像、これは本仕上げではなく、石膏で型を取って作った、仮の試作品が出来上がった時の呟きです。

そして2週間後、完成しました。

このようなフォルムです。

内側の柄がカワイイ♪
足底と横をプラスチックで固定しているので安定感は(大)です

見た目はこんな感じです。支柱のカーボンは足の裏にもあるカーボンと繋がっており、背屈時に足の指から指4、5本分後ろの部分を踏み込むと、そこの膨らんだカーボンが体重で押されて、ふくらはぎのカーボンを前に曲げます。歩容では簡単に言うと「歩きに膝が使えている」状態になります。ぶん回しもなくなります。

ただ、他の装具と比べると一長一短があり、名前を出して例を挙げると、ゲイトソリューションは背屈フリーで、坂道などの勾配のある斜面でも膝がしっかりして脚力があれば楽に歩行できる。しかし、膝をうまく使える回復が必要。それとは対照的に踵が固定されているプラスチック製短下肢装具は、斜面は歩きにくいが膝の保持力が有り、重い下肢障害でも長距離の歩行も可能。
両方になんとなく対応しているのがRAPS?
RAPSは試履したことはありますが、長期使用していないので、個人的感想は述べることはできません。

ここで各社から出ている種類の異なる装具について、違いがわかるブログを見つけたので、無断ですがリンクを貼りました。

【脳出血片麻痺の歩行リハビリ】短下肢装具の種類や値段は? | 脳卒中に関する悩みを解決するブログ https://a-stroke-of-luck.com/brace-gait-nedan-341

私のことですが、温泉用に使用しているオルトップを合わせて、今まで履いてきた装具は4種類目になります。

片麻痺で歩行困難な下肢障害者にとって装具は「命」です。生業だった設計にとって「CAD」は命だったように、脳卒中サバイバーにとって装具は「命」です。

これが無いと歩けません。大事な生活道具です。

本来なら補助具に頼らないでいきたいですが、ほぼ毎日リハビリを行い、下に降りるエスカレーターを上に登り続けるように、現状を維持しています。元のように美しく歩きたいし、横断歩道も信号が変わりかける前に渡りきりたいですwww。

取り敢えず僕が右側の足に履いてる物を新調しました。

 

リハビリの甲斐がありまして・・・

さて、年の瀬で忙しいと思われますが近況報告です(スミマセン🙏)。

今年の9月から突然思うように歩けなくなり、仕事を休業して入院(体を柔らかくする為のボトックス施注)、歩容を取り戻すためのパワーリハビリ、自主リハビリに専念して4ヶ月、ようやく仕事に復帰することができそうです。

先週の27日が会社の仕事納めの日だったので様子を見る感じで出勤し、大掃除にも参加して今年を締めくくってきました。
心配していた通勤の夜の暗い帰り道も難なく歩くことができ、ほっとしています。

まだ1日しか出勤してませんが、僕の行く会社の社長さんも「待っていましたよ」と、わざわざ会いに来て頂き自分事のように喜んでくれて、元のように完全復帰して期待に応えなければいけないなぁ、と思う次第であります。

大変ご心配をお掛けしましたが、来年の1月の9日あたりから元の生活に戻れそうです。

「もう働けないなぁ」、と一時は仕事をやめようかと思いましたが、皆さんの応援のお陰で、ここまでやってこれました。

4ヶ月いろんなことを試し、チャレンジもしました。

最後には神頼みまでしました(笑)。

また、調子が悪くならないように、日々の感謝の気持ちを忘れないように、これからも頑張りたいと思います。

本当に声援をくれた皆さん、ありがとうございました😄

短いですが、まずはお礼まで…


★ブログランキングに参加しています。

よろしければ応援のポチッを一日一回、
押すとランキングが上がります。よろしくお願いします 。
(=^・^=)

↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

(ΦωΦ)

故障していた装具

1年前から使用している装具のゲイトソリューション。

故障しているのが分かり

メーカーに修理に出して、修理期間10日で直りました。

装具屋さんの技師に、今回僕が歩けなくなった事の原因の1つか意見を伺ったところ、「油切れで制動が効いておらず、つま先が通常より下がるので、体がそれを感じ取って緊張が高まっていたのもある」と言ってました。

「装具を履いている時、つま先が下がるから調整を硬くしないといけないのかな?装具はあまりいじりたくないけど」と言うリハビリ(パワーリハビリ)を受けている療法士さんの言葉が気になって、装具屋さんに持ち込んだのですが、僅か1年も経っていないのに、数ヶ月前から油圧ユニットが駄目だったようです(ゲイトソリューションの保証期間は1年です)。

代用で履いていた新調する前の古くなった同じゲイトソリューションも、同じ様に油切れを起こしていました。

今まで壊れていたのに必死にウォーキングしていたのが悲しい…

誰も気がつきませんでした。

訪問リハビリの療法士さんも、ボトックスを施注した後のリハビリ療法士さんも。

僕でも「こんなもんなのかな?!」と思っていたほどです。

この部品をユニットごと替えました。

今帰ってきた駆動部が新品の装具と比べてみたら一目瞭然です。

本当に色んなことが重なり合って、今回歩けなくなり休業中ですが、出口が見えてきました。

今回、試行錯誤でやってみたことを挙げてみると

①ボトックス施注で上肢と下肢の拘縮を取り、歩行の邪魔になる緊張を取り除く

②リハビリによる再歩行訓練

③療法士から指導された自主トレ及びストレッチの実施

歩行を取り戻す事、これは100%ではありませんが出来ました。

後は①以前借りていた駐車場より遠くなった駐車場をやめて、近い場所の駐車場に借り直す

②夜間の歩行ができる

まだ自分にとっての難関は残っていますが、頑張ります!


★ブログランキングに参加しています。

よろしければ応援のポチッを一日一回、
押すとランキングが上がります。よろしくお願いします 。
(=^・^=)

↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

(ΦωΦ)

祈り

「病気平癒」を祈願・祈祷して頂きに楠木正成を祭る神社「湊川神社」に参拝に行きました。

地元では親しみを込めて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれています。

この日は暖かい日差しの中、妻に付き添ってもらい、夫婦で正装で神社にお参りするには丁度良い、小春日和でした。

拝殿には専用の一般入場出来ない左側の通路を通って入ります。車椅子では通れず、頑張ってしきたり通り神職の方付き添いで歩きながら拝殿の席に到着しました。


内部は広く普段目にすることのないアングルです。ふと上を見上げると拝殿の天井を埋め尽くす、圧巻の奉納絵。

現在の社殿は戦後に再建されたもので、天井には棟方志功の呼びかけで集まったという、著名画家の奉納画163点が埋め尽くされるように並んでいます。この壮大な天井絵の数々はまさに一見の価値ありです。ちなみに中央円形の「青竜」は、岡倉天心に学んだ南画の巨匠と呼ばれる福田眉仙の作だそうです。

その横に棟方志功の4枚で構成される版画「運命」があります。これは哲学者ニーチェに啓示を受けたと言われる作品です。

荘厳な雰囲気に包まれながら御祈祷が始まりました。

祝詞を上げるまで撮影は出来ますが、ここから先は終わりまで画像はありません。神様の御前で名前その他と疾患内容、病気平癒を読み上げて頂いているのがところどころ分かりました。その後おさかきを上げ、二礼 二拍手 一礼。席に戻り巫女さんが舞い、鈴を頂きました。

頭の上で鳴る音色はなんとも言えない神々しい音色です。

祈願・祈祷が終わり、最後にお神酒を頂きました。車を運転するので真似だけです。

席から立ち帰りは車椅子で退場。お供え物を頂きました。

初めての体験でした。神事に携わったのは幼い時に子供神輿、獅子舞を舞った事、近くに生田神社と一宮神社がありましたのでよく参加させて頂きましたが、自分が御祈願・御祈祷して頂くのは七五三(ひちごさん)以来です(笑)。

正面玄関からは石造りの階段が4、5段あり、車椅子では無理です。東側の入り口はスロープになっていて車椅子OKです。

お供え物の中身は名物の瓦煎餅!(懐かしい٩(^‿^)۶)と祈祷木札(きとうきふだ)でした。お食い初めの方も同じ紙袋でしたので、お箸も付いていました。

こちらの御守りも頂きました。転けないように肌身離さず持ち歩きます。

退院後訪れたパワースポットは病気で疲れた心と体を優しく包んでくれました。

脳出血発症6年後、自分にしては結構頑張った疲れが解放された感覚で、心も清々しく、今年あと2ヶ月少しも良い感じで過ごせそうです。


★ブログランキングに参加しています。

よろしければ応援のポチッを一日一回、
押すとランキングが上がります。よろしくお願いします 。
(=^・^=)

↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

(ΦωΦ)

ボトックス注射16日後

ボトックスを10月3日に注射して16日経過しました

今回のボトックス施注筋と単位数です。

下肢・右後罷骨筋80単位•長母趾屈筋80単位

合計160単位

上肢・大胸筋25単位X2 50単位・上腕二頭筋25単位X2 50単位
・頭側手根屈筋20単位・尺側手根屈筋20単位
・浅指屈筋20単位・長母指屈筋20単位
・円回内筋20単位

合計200単位


上肢9箇所、下肢2箇所

合計11箇所打ちました。

看護師さん達に「結構打ったね」と言われましたがピンと来ません。

効果が現れるのは即日〜2週間後と個人差がありますが、僕の場合は2、3日後から足の関節が柔らかくなりました。

下肢の長母趾屈筋とは足の親指の筋で、クロートゥを抑えるために施注しました。右後罷骨筋はバランスを崩した時に内反尖足を防ぐために施注しました。

どちらも酷い状態ではありませんが、足の裏でしっかりと地面を捉える事が出来ていると思います。僕は酷い感覚障害で、足の裏の感覚がありません。右脚全体の感覚も、わかる部分が少しです。歩いていると怖いんですよ、相当。これが以前はその感覚にも慣れて、足を引きずりながらでも平気で歩けましたが、目が更に悪くなったのと下肢の感覚のわかる部分が減ったのか、今回の歩行困難の原因は様々な要因が重なり合ったものだと思われます。

ボトックスの効き目は最高で、腕が歩行の邪魔(肘が曲がりグーになった手がお腹を「ポコポコ」歩くたびに叩く、自虐状態)するのもなくなり、発症後当時の腕が「ダラーっ」と下がったままの弛緩状態に戻りました。勿論、腕を上げる高さも上がり、肘も動きは遅いですがスムーズに曲がります。

後は精神的な問題で、これを克服するのが今後の課題です。

FacebookやTwitterを通して、沢山の応援メッセージやエールを頂き、何度か沈んだことのある中でも今回は特に、皆様の応援が胸にジーンと沁みました。

次は自分が応える番です。

もうここまで落ちたから、ここからは上がって行くのみです。

左脳出血発症で右半身麻痺、2回の骨折による入院、そして今回の歩行困難によるボトックス療法・施注の入院。

ここ数年皆様にはご心配ばかりお掛けしています。

いつ復帰できるか分かりませんが、今の長期休業は自分を見つめ直す良い時期だったかもしれません・・・

 

空を見上げると、上弦の月が浮かんでいました。


★ブログランキングに参加しています。

よろしければ応援のポチッを一日一回、
押すとランキングが上がります。よろしくお願いします 。
(=^・^=)

↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

(ΦωΦ)

ボトックス療法を受けに1週間入院します

さて、私事ですが報告させて頂きます。
6年前に脳出血を発症しリハビリを続けて、その甲斐あって就労継続支援A型作業所という障がいを持っていても働くことが出来る、“雇用型”の障がい福祉サービスを提供している会社に勤務していましたが、脳血管障害の後遺症とは複雑で、年々その状態は変化し、仕事に並行しリハビリを頑張っていても、僕の場合は現状を維持するのがやっとでした。
幸いこれ以上は状態が後退することはなく、人並みに生活を楽しむ余裕もありましたが、2年前から徐々に歩行がしにくくなり(更に)、8月末から通勤不可で休業していました。

それからは毎日少しでも歩きを取り戻す為に1日数分のウォーキングに努めていましたが、症状は改善せず、2、30分歩くとすぐに麻痺した右半身の筋緊張が上がり、前に進めず1歩もそこから動けず非常に怖い状態になります。

この状況を打破しようと色々考えました。

そこで”ボトックス療法”(ボトックス注射)というのを受けることにしました。

ボトックスとはボツリヌス菌という毒素(「毒」なんて怖い響きですが正しく使えば毒も薬になります)をつっぱりの出る筋肉に注射し、筋肉を弛緩させる効き目があります。美容整形にも使われ、顔のシワなどの改善に効き目があります(効果は4ヶ月ほど)。

1週間の入院になりますが明日から注射をしてもらい、療法士のリハビリを受け経過を見ます。

もうほんとにダメもとの苦肉の策ですが、又元のように不細工ながら歩けるように戻り、働けて、遊べて、ささやかな生活を取り戻したいと思います。6年前僕が倒れた時に言われていたように
「あいつはそんなことではくたばらない。」
その言葉通り、もう一度憎まれ口を叩いてやりに帰ってきたいと思います🤑👻

しかし、骨折で入院したのも去年の今頃で、僕にとっては漢字どうりの神無月。

退院したら焼肉食いたいです(´Д` )

明日から頑張るぞい

他SNSと投稿内容が同じになりましたが、読んで頂き有難うございました。

 


★ブログランキングに参加しています。

よろしければ応援のポチッを一日一回、
押すとランキングが上がります。よろしくお願いします 。
(=^・^=)

↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

(ΦωΦ)