想望

今日もまた、脳卒中で障害を背負った方の訃報をSNSで偶然目にした。その方は神戸の方で障害がかなり重く、その方の奥様がSNSで看護の様子をつぶやいていた。

突然の訃報だった。

障害垢で名を伏せてやっているSNSでこのような状況は何回目だろう…。

数年前にブログを見て知った、ある女性の方は、どうやらマハラジャ世代で、障害こそは軽く、熟女モデルをしていた。結構ムチムチ系でお立ち台に登るようなセクシーな服装で写真を撮ってファンを集めていた。

その方のブログに「〇〇は昨日○時○○、亡くなりました」と書かれていたのを見て驚いたのを覚えている。

脳卒中関係ではよくある話で、リハビリを頑張って、すがりついて生きている人が急に亡くなったと言うのは珍しくありません。

たまにSNSでそのような状況を目にし、とても寂しくなります。

僕にも可能性がないとは言い切れません。

人間いつ死ぬかわからない。

だから、、、過剰であろうと、元気な姿を外に見せている方が良いし、こんな状態になってまで人間関係がどうのこうのと言うのはまっぴらごめんなんですね。

だから、昔確執のあった方でも、できるだけこちらから近づいていこうと努力はしています。

話が逸れましたが、今日はとても寂しい思いをしました。

京都

仕事で京都の宿泊施設情報を抽出している。その数、2133件。京都市だけでこの数。府になるともっと多い。

東京都が2346件あるのに比べて京都府は余裕でぶっちぎっている。

今年の夏から始めているがまだまだ終わらない。

京都は日本で1番ホテルの数が多い都道府県だと思う。

可哀想なことにホテルはどこも閑古鳥が泣いてる。

コロナがなければ今頃オリンピックで並行して京都は観光で盛り上がっているはずなのに…。

調査していると時々「閉業しました」の文字を見かける。本当に可哀想。ニュースで見かけたけど京都の地価が高い。

京都市内は住宅を持っていても住むより宿泊施設として運営する方が儲かるのか、

普通の住宅でも町屋の一棟貸しのように貸しているところが多い。

京都に住むのは金持ちだ。

そういえば弟は京都の伏見区に戸建て住宅を建て家族と一緒に悠々自適に生活している。

弟は僕と違って勉強がよくでき、大学院を卒業して今はとある大学で準教授をしている。

話は逸れたが京都のホテルを毎日調べまくっているのでいつの間にか自分は京都の住人になった気分だ。

ご隠居さんになれば京都に住むと言うのも悪くなさそう。