今年最後のリハビリマッサージを終えて

今年最後の自主トレとなるウォーキングを昨日しました。

午前中にマッサージ、午後からこの日は自分でやるストレッチは省き、いつもより休憩を挟みながら公園を2周。
来年にかけてゆっくりペースでリハビリしてます。
__ 1
装具の圧力ダンパーを昨日は納品時より硬めにしたのを、そこをもう少し緩めだが納品時よりも硬め?に調整し、「これぐらいが妥協点かなぁ」と歩いた感触もまあまあです。来年はこのセッティングで歩きをスタートさせ、暖かくなる春に緩めの硬さに持って行こう。

今は3.4といったところ。
__ 2

そして上肢の調子がよかったので動画に収めました。マッサージではリハビリの運動も行うのですが、片麻痺の体の筋肉を現状維持すべく指圧でマッサージし、手は軽く 促進反復療法した後に運動療法で手を握ったりしています。その効果か自宅に帰ってから手を動かした時に、こんなに反応したのは初めてだったので自分のモチベーションを上げる良い動画になりました。
これをいつも出来るようになればかなり嬉しいんだが・・・

腕は置いたままで出来ているこの動作。腕を上げて出来るようになれば実生活にかなり使えます。コンビニで買い物かごを麻痺側の腕で下げたり、なんといっても猫を撫でたり公園で会うワンちゃんを撫でれるのです。

今はいつも帰る途中のコンビニでどうしてるかというと、肩から下げたウェストポーチの両側に付いている、網の素材のペットボトル入れの部分に見えるようにビール等を入れ「この商品は商品棚からレジに運ぶためにわざと見えるように入れているのであって、万引きではありませんよ」というオーラを最大限に出しつつ、レジで商品を買う時に「袋はいいです」といい、初めて自分のカバンに詰めるのです。

新人の人が入った時に「間違われるかも知れない」と言うのが今の心配事ですが、杖をつくので手が塞がってしまう私にとっては唯一の「買い方」です。

杖無しで歩き、散歩ですれ違うワンちゃんを撫でるところをイメージしながら、来年も公園を歩きます・・・

時間の過ごし方

装具を変えて慣らしウォーキングの時転んだせいか、麻痺側の足の緊張が上がりやすくなっています。
前は出来ていたのに、装具を付けた足に体重が乗せきれていないというか、そのせいで左側に負担が掛かり、今日左の足の薬指の根元が痺れるのでマッサージして貰い、ウォーキングは休みにしてその後昼からゆっくりと風呂で緊張を和らげる事をしました。

日曜日に転んで月曜日は運転の練習で歩いたのは少し。火曜日のクリスマスイブはマッサージの帰りに、この日は結構歩いて水曜日は雨だったのでウォーキングは休み。木曜日はリハビリの後雨が降って来たので休み。そして金曜日の今日はこの有様です。

もう一度室内で麻痺側の足にしっかりと体重移動する練習を行ってから、歩きもゆっくりと歩いて距離は短くなってもいい、一日置きでも休みを作ってもいいから健側の足が故障しないようにウォーキングを再開させねばなりません。

まるで去年の今頃、歩きの練習を始めた頃に戻った感じがしますが、装具をランクUPしたのでそれも仕方がないでしょう。
装具にはすぐ慣れたと思いますが、健側の足への負担は無くさなければ・・・。

家では装具を付けずに、移動は壁などを杖代わりにし、「つたい歩き」で過ごしていますが、手の先に支えるものがないと3歩離れただけで麻痺の足が内反し出します。すぐに掴ると足が「クニッ」となる内反が収まる。手を放したら内反が起こる。装具を付けているとそれは起こらない。安心しているとならないのに、不安を感じると勝手に脳が指令を出す瞬間ですね。私を苛めるのは簡単でしょう(笑)

しかし、自主トレのウォーキングが無いと時間を持て余してしまいます。

今日は足を休める事に専念し、この時間をどうしようと考えた末、趣味のDJ MIXを1か月振りに作ろうと考えました。

正月らしさを感じさせるような、そんなMIXにしたいです。
出来上がったらUPしますので、又聴いて下さいね。
__
曲を買うのを見ている愛猫 ネオ。

妻へのクリスマスプレゼント

今年は小さな計画がありました。

去年妻にクリスマスと誕生日にサプライズでプレゼントを渡しましたが、買いに行くのに車椅子で電車に乗って行きましたが今年は歩いて行くことです。

今年も黙って行くのでバレてはいけません。丁度その日はマッサージを受けるので行きは車の送迎に乗せてもらって、帰りはひとりで帰り、途中買い物に寄り道して電車に乗って帰る、といったものでした。

年末の街は活気に溢れ、どのお店も混んでいます。ここは根性でなんとしてもこのミッションをクリアしなければ。

予定通りマッサージを終え、今から歩いて混雑の中買い物をするミッションスタートです。

馴れていない新しい装具はぎこちないものの、なんとかサポートしてくれています。今回はこけないように慎重に。

お店に着きました。目的のコーナーを探します。立っていると椅子に座りたくて、ろくに選びもせず「これでいい。とにかく帰ろう。椅子に座ろう」となってしまいますが、「似合う物」を探し当て、小さなカバンに入れて帰れるように店員さんが気を使ってコンパクトに纏めてくれました。

片手だと分かったんでしょうか?

そしてこけずに電車に乗り、荷物は小さくなっていますが、優しい街の人達の気持ちと同じように満杯に膨らんだプレゼントができました。
喜んでくれるかな(笑)
__

悟りと脳

__
「ニャオニャオニャオー」といいながらうちの猫がやって来た。今日はお腹が空いているのか、容器は空っぽ。

元気な猫ちゃんとは裏腹に、今日初めてまともにコケました。
ウォーキングに公園に行ったすぐの事、歩き方が短い装具でぶん回し気味になっていたので、それを意識してすぐの事です。

右に体重を掛けている時にバランスを失って、そのまま右背後にゴロンです。アドレナリンが沢山出ました(と思います。)。

すぐに腕が気になりましたが、うまく受け身をとったのでしょう。耳に掛けていたヘッドセットのイヤホンはそのままで、感覚がない腰だけ打ったという感じです。
腕も大丈夫で、下敷きになる体制を逃れたようです。

過信は禁物ですね。元々歩けるのが不思議ぐらいなのに、調子に乗ってはいけません。

ゲイトソリューションの動画を見て「俺もすらすら歩けるのかな?」と出る前に思っていたところです。

丁度1年前にも一番短い装具で、座るように地べたに尻もち着きました。
その時はこけた感じがせず、今回外でこけるのは初めてです。

立ちごけ、と言うんでしょうか?危険です。人混みの無い公園で良かった。

1周してから霧のような雨が降ってきて、今日は早々に引き揚げました。書いたからネガティブな記憶は忘れ去ろう。

憶えていると同じシチュエーションなどの時に、体が緊張します。「脳が嫌がってる」といいましょうか?

少し前に御飯の食器を一人で片付けている時に、床の見切りで食器を運ぶ台車の上からガラスのコップを落として、自分の立っている所から身動きが取れなくりました。それを脳が覚えているのか、自分では運びたいのに。ガラスのコップを運ぶと麻痺側の足に緊張が上がり「内反」酷くは「尖足」分かり易く言うと、クニッとなってしまいます。

ガラスのコップを運ぶのはそれから運びたくても脳が嫌がるせいで、うまく運べません。
自分ではやりたくても「脳が嫌がる」事は他の場面でも多々あります。

「脳が嫌がってる人」「脳が避けたい雰囲気」「脳が嫌がってる場面」直感的に右側の脳が生き残ったせいで勘は鋭いです。

社会では負の感情で接してくる人もよく出くわしますが、体が不自由なので難儀です。
この筋肉の緊張をうまく取れるのが、今後の精神面の課題です。

ゲイトソリューション

__ 1

__ 2

ゲイトソリューションデザインと言います。

今日は新しい装具の納品でした。

雨の降る中病院まで電動車椅子に乗ってトボトボと、これもなんかの試練でしょうか・・・

とにかく右麻痺にとって装具の履き替えは重要です。

この装具だと今右だけサイズ違いの、ワンサイズ大きい靴しか合わなかったのがどんな靴でも合わせる事が出来ると、貧乏性の私は今持ってる靴も全部使えるんじゃないかと意気揚々でした。

しかしそんなに甘くはありません。底から出た支柱が当たって、どの様な靴も履けるとはいきませんでした。元々靴はギチギチ位の、ぴったり派だったので持ってる靴は殆ど破棄です。

靴は革靴派だったので、唯一合ったのはカジュアルなものを無理矢理紐を外してなんとか履ける、感じでした。革靴にあっては酷いもの。窮屈な靴が好きなS野郎は惨敗です。

でも肝心の装具の使い心地は良です。

ダンパーが付いているのでまるで後ろから誰かに押して貰っている、歩くのもスピードが若干出ているように錯覚しそうな楽な感触でした。1週間近く短下装具で過ごしたので当然でしょうが、これでウォーキング再開です。

長嶋元監督のようにTPOに合わせて、スーツで出向くところは出れるようになりたかったのが私の理想でしたが、なにぶん面接に行くにも運動靴にスーツじゃ様になんないでしょう。直接面識有る方は分かって頂けると思いますが、いつも着る服がジャージばかりの病人なんて、絶対に嫌です。
ただ単に、ナルシストなんですけどね(笑)

製品のレビューから外れました。膝と踝が楽々曲がります。膝を曲げる体制を装具なしのストレッチでやってますが、この装具だとより人間らしい歩きのフォームに近付けれます。
無題
早速、自主トレのウォーキングで使ってみました。

セッティングを昨日より柔らかくしているので、今日の履き心地はいつもの装具と変わりありません。でも残し脚の足底はしっかり地面を捉えています。私が思うにこの装具は歩行を助けてくれる、と言うか脚力が無い人でも歩けるわけがなくて、ネットにもあったように歩行をスムーズにしてくれる物でしょう。装具がパワーを出してくれるという購買者側の大き過ぎる期待は抱かない方が賢明で、基礎トレーニングはどんな補助具でも必要です。偉そうなことを言いましたが今唯一私のいう事を聞いてくれるのは足の太腿までですが、より動かす事で動かない上肢の腕も振れるようになって、足もふくらはぎと足の甲も意のままにコントロール出来る様になり、それが脳を活性化させる一番の近道だと信じながら「歩き」をやっています。

名前を付けました。壊れた装具は森1号だったんですがこれは森2号と名付けます。
「命名:森2号」

これからも頼むぞ、森2号。
gsd
*イメージ写真(ゲートソリューション)

自動車運転訓練の成果

__
今日はマッサージの後知人に付き添ってもらい、自分の車で運転の練習をしました。

近くの空港までドライブしてみましたが、ミッション系のトラブルで帰って来るのが遅かったこの車、やはり音がなんか変です。

というのも、走り出したら音は止むんですが、ニュートラルの時にアイドリングが高いようなエンジンがして、煩い・・・

後前のミッション系のトラブルでもあったんですが、ローを引っ張りすぎている感じがする。

工場の担当者がちゃんと不具合は直してくれた筈ですが、走行に支障はないもののこれは不安です。

これで大丈夫なんでしょうか? 明日電話してみよう。

久しぶりに停めてある駐車スペース。健常者の時には然程気にならなかったんですが、隣同士との間隔が、狭い・・・。

60㎝ぐらいでしょうか?

前は車に傷を付けないでそ~っと開け閉め出来たんですが、体が不自由になり隣の車に傷を付けないでこの間隔で乗り降りするのは、無理です・・・。

貧乏がこんな所まで影響してくるとは・・・うぅ。苦情の嵐になろうがワシはもう知らん。後は野となれ山となれ。(今日は知人に停めてもらいました。)

しかし、車の運転1日目はあんなものでしょう。他の車がいない道を、まずは3か月振りに左にアクセル・右にブレーキの配列となった車を左足で操作し、左手でハンドルを操作する。新しい操作も今の体に癖が付くまで染み込ませないと・・・。

身体も車も本調子ではなかったのは、今付けている装具が予備の装具の為でしょう。

明日新しい装具が来ます。長い5日間だった。

納車

今日でウォーキングを休んで3日目。その間に長い間ディーラーに車検と右麻痺用の左アクセルペダル仕様の改造の為、預けていた車が帰ってきました。

去年入院中に車が車検の時期となり、車屋さんにわざわざ引き取りに来てもらって、私の手から離れる事1年2か月。もう次の車検が来そうです。
かなり古いんですが最後には現場に行くのに乗ったりと、かなり活躍してくれました。
一時は手放そうと諦めましたが、前の猫との思い出もあり、「私がこんな状態になってるのに(意識レベルが低いのに)何でも勝手に変えられるのは嫌だ」と半ば被害妄想もあったんでしょう。とにかく退院しても周りの環境が変わっているのは嫌で、もっとしっかりしてから色んな判断をしたかったのがありました。そんななかでの愛車とのお別れです。
しかし、その後すぐに退院し車検は済みましたが、私の希望で車の身体障害者自動車運転訓練を受けることになり、それが終わるまでディーラーの方で預かってもらうことになりました。
そして年が明けた今年の2月に運転訓練を、障がい者の自立生活訓練センターで受けましたが最後まで届かず、もう少し回復してから訓練を再開するよう意見を貰い、8月の終わりに再度訓練を受けて今度は自動車の改造に取り掛かって貰いました。それが9月の終わりころだったと思います。

そこから車は改造工事の業者の渡り、改造が済んでいったんディーラーへ。そして私へ納車。と言う運びだったんですが今度は車の調子が悪くなって・・・。おまけに古いうえに何か月も放ったらかし(言葉は悪いですが「動かしていなかった」ので)、まるで麻痺が回復していく身体のスピードのように時間が掛かりました。
私にしてみれば丁度都合が良かったんですが、これで新しい年を迎えれます。

持ってもあと少しとなりそうですが、運転に慣れるまで一踏ん張り頑張って下さい。

新しい形での車社会でのパスポートも8月に受け取りました。
__ 1__

 

改造の説明と、長い旅から帰ってきた車。
__ 3 __ 4