G線上のマリアとマイナスイオンのセラピスト

こちらは去年の桜のブログです。

「マイナスイオンのセラピスト」

入院中に「今年はここに桜を見に行こう!」と決めていたので、退院して日も浅いですが地元神戸では桜の名所として有名な新幹線新神戸駅の南側・生田川まで様子を見にやって来ました。DSC03467咲き具合は5分咲といった所。未だ早かった。桜は散り間際が美しいと言われていますが、一輪ごとにUPで撮るとその花の生命力がMAXになっていない初々しさを感じます。DSC03468

DSC03469

DSC03470

 

 

DSC03476

満開時にもう一度来ようと思います。後1周間は楽しめそうですね。
花見といえば宴会、お酒が付きものですが、今日は地元民にも「こんな楽しみ方もイイね」的な、花見を楽しみながらスイーツが楽しめる、あの店に行きました。

CAKE&COFFEE
”G”線
http://www.g-sen.com/

Facebook
 https://www.facebook.com/GsenKobe

生田川のほとりにある、神戸のスイーツ店に肩を並べつつ昔からあるお店。ふと2ヶ月前に思い出したんですが、ネットで調べたら健在で、もう出来て60年になるそうです。

 

DSC03466桜を見ながらウォーキングがてら遊歩道を散策した後、お約束のブレークタイムDSC03477

DSC0347920種類あるケーキの中から、大人しくチーズケーキを注文。

DSC03481チーズケーキはフーケが好きだったんですが、残念ながら倒産したんですよね

そう言えば神戸はスイーツも盛んで美味しいお店が肩を連ねてあります

しかしこの場所1等地ですよ!忘れた頃に思い出す程度のスイーツ好きですが、昔からある老舗。息の長~い商売は感心です。DSC03482

DSC03483

DSC03485

こういう表現はあまり使いませんが今日は「マターリ」という言葉がぴったりの、暖かい日差しを緩~く感じた春の午後でした。

🙂

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援のポチッとヨロシクお願いします 。ฅ(^ω^ฅ)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

片麻痺における骨折

受傷時 翌日の2015年2月27日に撮影2015-03-04 15.00.552週間後 2015年3月12日2015-03-27 12.40.41

2015-03-27 12.42.024週間後 2015年3月26日2015-03-27 12.44.32

2015-03-27 12.45.12

 

傷ついた骨が修復する過程のフローチャート図で言うと、今は仮の骨が形成されています。deeehji片麻痺に於いて骨折は歩けなくなる、寝たきりになる致命傷。
そのリスクは常に付き纏います。全く、元々鈍臭いほうで運動オンチ、どちらかというとスポーツは苦手タイプでしたから(スキーは好きでしたが…w)、今回の怪我は不幸中の幸いですか?療法士の方にしてみれば「よくもやってくれちゃいました」感バリバリで、本当、悪い例の患者です。

これが同じ骨折でも70、80になっていれば寝たきりになるんだとPTに脅されましたが、骨折の怖さを実感しました。asgjt

段差の多い家に住んでいたり、お年寄りにとって危険かもと思うなら床のリフォームをお勧めします。

もう明日には退院なんですが今回の入院にもWi-Fiが役に立ちました。2015-03-27 15.31.25WIMAX、CMでおなじみのギガ放題。速度はストレスなく、割と速かったです。1度目の入院と同じように、”情報を征する者は病気を征する(勝手に語っていますが.笑)”外部との繋がりもこれでスムーズに行なえました。2015-03-22 19.55.54皆さんには本当に御心配お掛けしましたが、明日目出度く退院の運びとなりました。今まで本当にありがとう。そしてこれからもよろしくお願いします。
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援のポチッとヨロシクお願いします 。ฅ(^ω^ฅ)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

DJ SOUND♪ なんかの見出し風に.笑→「病院のベッドの上でやるDJプレイの音がヤバ過ぎる」

DSC01443 (4)

I’m stronger after stroke.

My DJ sound is cool.

MIXED BY OSD…♪ My Brain MUsic 🙂

DSC01443 (3)

 

去年の夏に作ったDJ MIXの流れで、新しいMIXを作りました。

神戸のDJで今はベルリンで活躍中のISAO SUDOさんのNEW TRACK、TRIGGERが思いっきりカッコよかったので、骨折で入院中の身でありながら思わず今回の自分のDJ MIXに入れさせて貰いました。

浮遊感が最高にCool!

10973881

 

こちらで買えます。

https://pro.beatport.com/release/trigger/1467218


Dig Dis (Digital Distribution) Isao Sudo Alexander Vilar Diaz René Parrée

僕のDJは基本的に上のリンクBEATPORT  https://pro.beatport.com/ で曲(Track)を買ってインターネットでダウンロードして、Ableton Live8  http://www.h-resolution.com/ableton/Live9.html
を使ってDJ INGします。レコードをターンテーブル(レコードプレーヤー)で掛けたりすることもありますが、DJはもう昔のイメージでレコードをスクラッチ(擦る)することは少なくなりました。

デジタルな感じですが、1曲1曲づつ曲を繋いだり選曲する、DJの本質のスピリットは同じだと思いながらやっています。

もうかれこれ30年以上になるせいか音楽のジャンルも幅広く楽しんでます。これは前作のMIX
https://soundcloud.com/osd-1/2015-1-3-house-mix-dj-by-osd
で、ディスコな要素やソウルフルな歌ものを集めて作る事も多々あり、僕はこれまで色んなジャンルのDJにも挑戦しました。1つのジャンルを突き詰めていくタイプではなく、良いのか悪いのかはさて置き何でもやるタイプです。

上と下の動画は脳出血を発症した後の、右半身が不随の右肩麻痺になってからの動画です。レコードとミキサー、ターンテーブルを使ってDJしています。片手しか使えなくなってスクラッチ等の技は出来なくなりましたが、ロングミックスという手法で器用に繋ぎをやっています。上は立って出来る様になってから撮ったもので、下は未だ座ってしか出来ない頃の動画です。

人は何か特技が1つあれば語れるもので、僕のささやかな片麻痺のブログに変化と幅を持たせる事が出来ます。

これも、色んな方とのお付き合いの成せる技で、音繋がりで繋がってくれる方には感謝です。未だ確定はできませんが、骨折の回復も順調で、今週の土曜日には退院出来る目処がつきました。

春が待ち遠しいです…。
🙂 🙂 🙂

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援のポチッとヨロシクお願いします 。ฅ(^ω^ฅ)

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

nice personality

今、全荷重を掛けて歩いてもよいとの許可がでたので、病院の廊下を3周程歩きました。ガンガン歩けます。しかし、車椅子生活が3週間も続いて、流石にほんの少しの運動もこたえます。
そして病室に帰ってこれを聴いてます。おまえら知ってる?
じゃあプリンスは知ってるだろう。
そのプリンスファミリーとしてミネアポリスサウンドで一世を風靡したザ・タイムのTHE WALK。なんだけど残念ながら意味は分かりません。気になってlyricsを訳してみましたが、古い上にメジャーでないせいか日本語の訳はありませんでした。

BPMにして110ぐらいか、遅いです。

9分36秒もあるこの曲、歩いていてふと思い出した。

1980年代だから30年少し前ね。

このままPRINCEの動画をネットサーフィンして、何故か今DOORS/Light My Fireです。どんどん古くなる。

昔、大沢伸一さんが自分の事を音楽的多重人格と呼んでいましたがそれは僕も思い当たる節があり、自分も音楽的多重人格です。というか変態です。音楽的変態リスナーです。

これは音楽好きなら誰でも思い当たると思いますが、ボキャブラリーが増えどんどん曲のストックが多くなればなるほど、ある意味変態なのです。

僕のお知り合いに、外見等は至って普通に見える真面目そうな人が、音楽で好きなジャンルはメタルで、結構過激なコードが好きな方がいますが、それでいいのです。

そういう個性を最近は見せたがないのか、それともその「個性」すらないのか、ネガティブな「あたりまえ」に毒されている様に見える。

そこは違うでしょ。変態にならないと。

癒しの音へのダイヴ

(画像をタップで音楽が聴けます)

心と体を整える ~愛の周波数528Hz~
最近、ちまたで話題になっている周波数があります。それは「528Hz」という特定の周波数です。周波数とは、1秒間に繰り返す波の数であるので、528Hzは1秒間に
528回波打って振動している音になります。この周波数は別名”愛の周波数”とも呼ばれ、この周波数を含む音楽に聴き入るとリラックス効果が得られるといま評判になっています。
その中で私か特に注目している現象があります。例えば、(1)今まで不眠症であった方がぐっすり熟睡できるようになったこと、(2)仕事への集中力が高まり、生産性が上がったこと、(3)便秘症が改善して肌がきれいになったこと、(4)肩こりが消えて冷え性が改善したこと、(5)意識が改善して意欲が高まったこと、などが挙げられます。このような現象は、私かこれまで唱えてきだモーツァルト音楽療法”の健康効果と大変よく似
ているのです。つまり、”528Hz”の音は、興味深いことに、意志とは無関係に作動している自律神経の中でも、特に心身を安らぎモードに導く副交感神経を効果的に刺激していることを強く示唆していました。実際、最近行った研究から、528Hzを含む音楽に聴き入ると、唾液の分泌が高まったり、体温が上昇する、あるいは心拍や血圧がより安定するなど、副交感神経が作用している生体反応を直接確認できたのです。
一方、ある音の周波数は人体の頭からお尻に至る脳・脊髄系のある部位に対応して波及するという考えがあります。この考えは「トマティス理論」と呼ばれ、今日、正式に認められています。例えば、4000〜6000Hzは延髄という脳の部位から上にある大脳の部位に、2000〜3000Hzは首の頚椎に、750〜2000Hzは胸椎に、500〜750Hzは腰椎に、250Hz以下は仙椎に対応しています。つまり、高い音は頭部に、低い音はおなかに響いているのです。この観点で、528Hzは大腸や小腸などの消化器系に対応する周波数と言えます。腸は第2の脳と呼ばれるほど大切な器官です。ここでは、心を穏やかにするセロトニンという「幸せホルモン」が作られるので、もし528Hzがこうした影響を及ぼすのであれば、不眠症や精神症状の改善にも役立つと期待されます。
加えて、消化管には、その機能を促す副交感神経が分布しています。したがって、528Hzの音は消化機能の改善を促し、現代人に多い種々の不定愁訴の改善にも大いに役立つのです。このように、528Hzの周波数には無限の可能性が秘められているのです。

聴くだけで身体の不調を消していく音楽
愛の周波数−528Hzの不思議一  埼玉医科大学保健医療学部教授和合治久

以上はライナーノーツより抜粋

2015-01-23 11.50.39

癒しの周波数528Hz、DNAを修復する、ジョンレノンも愛したソルフェジオ音階…安易に説いてしまうにはあまりにも奥が深いので、僕の説明は省きます。

1ヶ月以上前に聴いていたんですが、今は骨折した体の回復に、ベッドサイドの愛聴盤となっています。

入院した日に友人が「重低音は骨に響くので、暫くは軽めのグルーヴですぞ。」と言ってくれたので「あ!骨って振動を拾い、伝わるんだ‼️何の為に超安静にしているか分からない。ここは良い波動の音を聴こう!!」と、偶然手に入れていた心と体を整える ~愛の周波数528Hz~の事を思い出し、今に至っています。

偶々怪我で入院する前にお知り合いがSNSで推薦していたので偶然に買いました。結果、必然的に手に入った『体を回復するヒーリングCD」です。

ISAO SUDO君、いつも最幸な良い音の情報ありがとう

エビデンスに基づく脳卒中後の〜から読むのは1年振りの専門書「からだの構造と機能Ⅱ」

2015-03-07 16.40.30-1

 

自分が骨折で損傷を受けた箇所について、自分なりにですが少しはどのような部位なのか、又どのような仕組みを司る部分なのか知っておいたほうが良いと思い、

からだの構造と機能 2 腰椎 骨盤 股関節 下肢 (GAIA BOOKS)」と云う本をネットで買い、今日届きました。

今回の骨折が完治しても週2回受けるマッサージがあるので、分からないことを調べる体の辞典として内容は医師、理学療法士、作業療法士、徒手療法士、あんまマッサージ指圧師、針灸師、柔道整復師、整体師向けの専門書ですが、手元において逆引きさせて行こうと思います。

なにせ坐骨すらピンときてなかったものですから、頭の中でヴァーチャルで思い浮かべるのもイメージが出来なくて困りました。2015-03-07 17.46.53-2医師の説明を受けるにも先ず辞書が必要です。2015-03-07 16.49.18-2骨の名称?そんなの大雑把にしか知らなかったです。上から頭蓋骨→背骨→骨盤→大腿骨?→膝より下の足の骨→足の甲の辺の骨(もう一杯一杯です)→足の指の骨(許して下さい(°´д`°))

2015-03-07 19.44.13僕にしては久しぶりに読む専門書です。

骨折 そして再生して行く私の体

deeehji明日で坐骨骨折してから1週間です。腫れはほぼ収まり、今日から積極的に体を動かしています。これは一昨日撮ったMRIです。2015-03-04 15.00.55画像では左(右の股関節の周りになります)が左右対称に見ると違います。MRIが3Dではないので素人には画像を見ても難しいです。とにかく、今回の僕の骨折個所はこの辺りで、今まで重心を右足に掛ける練習をしてきて、(感覚のない右足に体重を掛けるのは恐怖心との闘いでした)奇麗な歩きのフォームに近づいた矢先、今度はこの足に体重を掛けちゃ駄目だと言うんですから大変です。しかも、新しい骨が出来、破損箇所が再生したら、又こちらに体重を乗せ歩く訓練をしなければならない。骨折の回復期間のタイミングによってやることが真逆に近い事を次々と要求されるのです。去年読んだ「エビデンスに基づく脳卒中後の上肢と手のリハビリテーション」には、片麻痺患者が歩く上での転倒、骨折の危険性等に触れて書かれています。2015-03-03 22.07.14