2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 🏄‍♀️その6-さようならハワイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハワイ出国で関空へのフライトの朝はとても早い。

7月2日の朝は6時半頃ホテルの部屋を出て、ホテルのメインロビー(白いコーデで記念撮影した場所)でチェックアウトを終え、旅行会社用の出入口があるグランド・アイランダー1階のバスターミナルから空港への送迎バスに乗ります。

結局トロリーも1回しか乗らなかったなぁ😔

10日ぐらい滞在しないと何も出来ません。

老猫のネオちゃんを置いてきてそんな事は出来ません。

実は旅行は来年にしようという話もあったんですが、ネオちゃんの事もあるし、何があるかわからない遠い先の話より、行けるうちに行こうという私の思いで結婚20周年の2019年にしました。

本当、人生何があるか分からないし、動けるときに動こうと…。

感慨に浸る間もなくシャワーを終えて、大慌てでこれらの流れに従って滞在先のヒルトン・ハワイアンビレッジを後にし、もう何回も見ている空港までの道のりをもう見る事はないので目に焼きつけます。

今回は空港までの道のりで見える、ヨットハーバー横のマジックアイランドで感動的な夕日は見れなかったけど、今まで見れなかったオアフの景色を見れたし、結婚20周年記念の素晴らしいハワイ旅行でした。

空港の風景もあとで懐かしむ為にシャッターを切りました。空港かツアーの人がフレームに入ったけど、異国感あってまあいいか😂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダニエル・K・イノウエ空港には7時頃到着し、朝早いので人もまばらです。航空会社のチェックインカウンターで車椅子を航空会社が用意してくれた車椅子に乗り換え、機内預け荷物のスーツケースと今回の旅のお供、電動車椅子もパッキングされ、出国検査を受ける為にカウンターに預けます。車椅子が重量オーバーで追加料金を払わなければならないところを、ツアーの付き添いの方がうまく払わなくていいようにしてくれました。

スーツケースは自分は持てないので、一番容量のあるスーツケースが1つだけで旅行しました。

スーツケースに入れる余裕がなく、お土産があまり買えなかったのが心残りです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次は出国検査です。セキュリティチェックを受けるカウンターで手荷物とボディチェックを受けます。検査は女性の黒人の方で、一応足に履いている装具を履いたまま上にあげて見せてと言われましたが、チェックは簡単に済み、短時間で通過できました。テロ対策で米国の出入国はかなり厳しく、場合によっては上着と靴を脱いで金属探知機を通るよう指示されます。

本当、テロ、最悪だ😡。どの国も安全に渡航できる世界になりますように…。

セキュリティチェックのカウンターを抜け、免税店が並ぶフロアーで買い物したかったんですが、早朝でどこも開いていません。

1軒だけ今から開ける店舗があり、そこで休憩しました。こちら側のターミナルは来た事がないのか???旧ノースとユナイテッドとJALは利用した事がありますが、今回のフライトで利用したデルタ航空は初めての利用です。

デルタではありません。空港でのワンショット

20年前の新婚旅行でハワイに来た時のホノルル空港でこの時と同じくフライトを待ち、ターミナルにあるカフェで撮った写真です。ハワイのダイアモンドヘッドの麓にある、ユニティーチャペルという地元感覚あふれるほのぼのとした教会で、二人だけで結婚式を挙げた際に、ささやかながら結婚指輪をあげたんですね。若き日の妻は嬉しそうに見せて写真に写ってます(笑)

20年前、ホノルル空港で

唯一開いていた店舗でハワイ産のドラフトビールを飲みました。フライトは10時6分ホノルル発。関空着ハワイ便は昔からこんなに早い時間だったかな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハワイさよならで乾杯です。20年経って同じ地で同じシチュエーションで撮った写真。二人共年を取り、僕は病気に見舞われるなど色々ありましたが、こうして元気に過ごせていれることに感謝です。

20年経過した現在。

いよいよさよならハワイです。

 

ハワイでのコバルトブルーの海、青い空、燦々と輝く太陽、豊かな自然、美味しい食べ物。どれもがとても素敵だった。

さようならハワイ🌈 🌴 🦈 🌺

2ヶ月近く経って漸く完結する旅ブログですが、とても幸せな気分で書けました。

こういうブログはいつまでも書き続けたいです。誰も傷つかないし、ワクワク・ウキウキを伝えたり、非日常感に引き込む。ずっとやりたかった理想のブログが書けました。

日本に帰る6,873 kmの道のり。偏西風に逆らって帰りは9時間半掛かります。大陸の上を飛ぶのではなく、延々と何もない海の上を飛びます。これって改めて凄いですよね。

帰りの機内食もエコノミーですが(いつもエコノミーです)味は割と美味しかったです。ビーフカレーがメインの物を頼みました。この後、日本映画の「カメラを止めるな」とか3本見て、やっと眠ったのが到着3時間前。ビールを5本も飲みました。行きはセーブしていましたが、帰路はどうなってもかまへんわ、と弾けました。とにかくうまく行って良かった。身体障害の体の私と重い電動車椅子を乗せて移動のタクシーや、レストランでの着席や、事細かな想定しなければならないことを、妻の助けを借りてクリアできたのはほんと凄い。

来るまでに計画を立てて、必要な物を購入し、ここハワイに来る為だけに電動車椅子を借りて、障害者であることをレストラン等色んな所へ伝えて、その為の申請をして、、ESTAも自分で申請して、よくここまで実現できたなあと振り返って思います(これから障害のある方はハワイはハードルが高いかなと思われるかもしれませんが、僕は心配性なので前準備は色々想定して準備しましたが、本当は行き当たりばったりだとしても何とかなりそうな気がします)。

電動車椅子に
Manfrottoアクセサリー スーパークランプ
バリアブルフリクションアーム カメラブラケット
Velbon 3Way雲台
その他自作取り付け固定ステー
の三脚の部品を取り付け、車椅子自体を三脚のように使用して、妻と二人で記念写真を撮ったり、ブレないようにカメラを固定して車椅子に乗ったまま撮ったりしました。拙い技術でしたが、右手が肘から先は思うように動かないので、左手のみでミラーレス一眼カメラで撮った写真の数々、楽しんでいただけたでしょうか…?。

 

うん、ご飯美味しい❣️

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう1食出ましたが撮影忘れました。

そして帰って来ました。

wi-fiを空港にあるカウンターで返却して、やっと通信復活です。

もっとくだらないことをハワイに行っても呟いたり、FBに投稿しまくったりしたかったんですが、昼間の紫外線がめちゃくちゃ強いハワイ、眩しくてスマホの画面がまともに見えません。これには折角wi-fiを借りたのに不具合を感じました。遊びに忙しいし、ハワイでリアルタイムで何かを発信するのは無理でした。

そして梅雨だった日本。

全てがグレーに見えます。

日本には7月3日(水)の2時15分に到着し、機を離れてからすぐ一息つけました。

準備を始めた時から、長くもあり、短くもあったハワイ旅イベントだった。

ただいま。

 

空一面雨雲が漂う海の上を関空からポートアイランドまでベイシャトルに乗って航行して行きます。

家に帰ったら愛猫ネオちゃんが、何事もなかったように、妻に頭を擦り付けて甘えています。目ヤニが1週間付いたままです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネオただいま😻

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺

Aloha!な旅はこれでおしまい❣️

 

最後に、最近好きになったんですが

とても優しい、ハワイを讃えるハワイ賛歌 HAWAI’I ALOHA(ハワイアロハ)で別れです。

最後までこの旅ブログをご覧になってくださり

本当にありがとうございました😌

ハワイブログはこれにて終了ですが、これからも明るいノリで、アロハな記事を書いていこうと思います。

では、

マハロ〜 

ハワイ行こうよ!やっぱりハワイ最高(笑)

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その6-さようならハワイ

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その5-ハワイ最後の夜はTHE BEACH BARで🥂

ウキウキなHawaii❣️

シーライフパーク・ハワイから送迎バスで一旦ホテルに戻り、ハワイ最後の夜はモアナサーフライダーウェスティンホテルの1階にあるバー、ビーチ・バーで軽い食事とお酒とフラを楽しみました。

最後の夜なのでハワイに乾杯です。

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その3-Kalakaua Ave

にてご紹介したBARです。

バニャンツリー (ベンガルボダイジュ)が出迎えるビーチバー入り口

 

中庭に堂々とそびえ立つベンガルボダイジュは、1885年、農務省実験局長のジャレッド・スミス氏によって植樹されました。当時その木は樹齢約 7歳、高さ約 7フィート(約2.1m)でしたが、今では

高さ 75フィート(約22.8m)にまで成長し、横150フィート(約45.7 m)にわたり枝を広げています。この歴史ある木は 1979年にハワイ 特定稀少樹と認定されました。又、アメリカ・ザ・ビューティフル・ファンドの理事会において、ハワイ・ミレニアム・ランドマーク・ツリー

(新世紀に向かって保護する必要のある、州に唯一本の歴史的樹 木)に指定されました。ベンガルボダイジュは熱帯性イチジク属の 一種で、親木の割れ目に入り込んだ種が芽を出す着生植物です。

沢山の木根を出し、木根はやがて幹のようになって横に広がり、老齢のベンガルボダイジュではどれが元の幹だかわからないほどで す。枝が広く横に張り出すので、緑陰樹として利用されます。

世界ー大きいベンガルボダイジュはインドのカルカッタにあリます。 ヒンズー教ではベンガルボダイジュは神聖なものとされ、「樹木の 中の樹木」と呼ばれています。どこまでもその枝を伸はし続けるこ とから永遠の命の象徴とされ、「願いことがかなう御神木」 として

人々に崇められています。また、フィリ ピンの神話では、ベンガルボ ダイジュには多くの魂や鬼のような生物 (ヴィサヤ人の間では「人間以外の何か」と呼ばれるもの)が宿るとされており、巨人や小人、 半馬人といった神話上の人物と関わりがあると信じられています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このベンガルボ ダイジュの近くに席を取りました。海からの心地よい風が吹く中、オーシャンビューな席に着きたかったんですが、あいにく南側の席は人気があり、その代わりにと言ってはなんですが、ハワイアンの演奏とフラが丁度良い感じの距離で楽しめます。

折角のハワイなのでトロピカルドリンクをオーダー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私はハワイに来てから好きになったチチ。パイナップルジュースとココナッツミルクをたっぷりと使うトロピカルカクテルの定番です。

妻は僕の勧めでマイタイ。マイタイはラムをベースにしたカクテルで、標準的なレシピは

  • ライト・ラム – 55ml
  • オレンジ・キュラソー – 5ml
  • パイナップル・ジュース – 10ml
  • オレンジジュース- 10ml
  • レモン・ジュース – 10ml
  • ダーク・ラム – 2tsp
  • スライス・レモン – 1枚
  • スライス・オレンジ- 1枚
  • カット・パイナップル – 1片
  • マラスキーノ・チェリー – 1個

これらの材料をシェイクし、氷を入れたグラスに移したら、その上にダークラムをフロートさせ、各種フルーツ等を飾ったら出来上がり。近くにあるピンク色の印象的な外観を持つ高級ホテル「 ロイヤル ハワイアン ホテル」にあるバー「マイタイ・バー」でこれを飲んでもよかったんですが、それだと自分のオリジナリティーがないので、タクシーを降りてから移動距離が少ないこちらの「ビーチ・バー」にしました。

こちらのマイタイもとても美味しそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

軽食に「ノースショア ガーリックシュリンプ」とサラダを頼みました。画像はノースショア ガーリックシュリンプのみです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソロ・フラダンサーが毎日5:30PM~7:30PMに出演していて、席に着くと暫くしてミュージシャンによるハワイアンサウンドの演奏が始まりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハワイアンの歌に合わせて、フラダンサーが踊ります。

日が暮れる中、バニャンツリー (ベンガルボダイジュ)もライトアップされます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この下の画像はお借りしました。自分達の席から見て、木を隔てた反対側の画像です。

結婚20周年記念ハワイ旅行の最後の夜に二人で乾杯して記念撮影。ここ数日で随分日焼けしました。神木への願い事は特にしていませんが、これからも無病息災・家内安全を願います。しかし、ヴィジュアルや画像ではそう見せていませんが、重度の右半身麻痺になった体でハワイに来れて感謝です。妻ありがとう🌈 🌴 🦈 🌺アロハ〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

妻が撮影してくれたワンショット。今年後半は健康的なイメージで行けそうです(笑)

フレディマキュ男とパトランプ男とも記念撮影しました。画像が前ボケしていて分かりにくいけど、一緒にハワイ旅行楽しかったね😆

いよいよ、次は日本に帰国の記事になります。

今回も最後までご覧になってくださりありがとうございます

 

さて、次の

Aloha!な旅に続きます❣️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その5-ハワイ最後の夜はTHE BEACH BARで🥂

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その5-SEA LIFE PARK HAWAII​(シーライフパーク)🦈

ワクワクなHawaii❣️

5日目はワイキキから車で約30分、オアフ島東部にあるイルカやアシカ、ウミガメなど海の生き物に会える海洋公園『シーライフ・パーク・ハワイ』に行きました。

ハナウマ・ベイの北に上がったマカプウビーチの北側にあります。ここは初めて行ったところですが、妻は2回目だそうです。

ワイキキからこの道を走っているバスから眺めていると、昔3回体験したオアフ島ぐるっと1周観光を思い出します。

当時主流だったコースは、オアフ島をワイキキから東側に周り、ハナウマベイ

、ラニカイビーチの側を通り、バスの車窓から観光。

20年前ハナウマ湾で撮影した写真です。笑

タートルベイに着くまでは何処に寄ったか覚えていません。そしてオアフ島最北端のタートルベイホテルでビュッフェスタイルで昼食。

タートルベイホテルは昔はクイリマ・ホテルという名前で、あのロッキード事件で田中角栄と米国大統領、リチャード・ニクソンが密談を行ったと噂されていたホテルです。

そこからノースショアを周りサーフショップが立ち並ぶハレイワでマツモト・シェイプアイスか

画像はお借りしました

アオキズ・シェイプアイスを食べてクールダウンし、そこから更に南下し、パイナップルジュースでお馴染みのドール・プランテーションに寄ってパイナップルだらけの※アロハジェニックを堪能します。

※アロハジェニック:今で言うハワイのインスタ映え←(俺の中では死語)を昔はこう言っていました。

当時は一眼レフでハワイで写真を撮るのが趣味でしたので、ポジフィルムのプロビア(PROVIA)等を使ったシャープなアロハジェニックな描写が好きでした。

ウィーラー陸軍飛行場の横で、軍モノの卸(おろし)を売っている店でめぼしい物がないか物色し(昔サバイバルゲームやってました)、ワイキキに帰ってくると言う観光コースです。

オールドハワイの町並みやノースでサーフィンする本格的なサーファーが集まる町の雰囲気が楽しめます。

オールドハワイで思い出しましたが、オアフ島の西でサトウキビ列車に乗るツアーも昔からありました。

ハワイにおける日本人移民のことを考えると、切っても切り離せれないのがサトウキビ畑です。

最初に日本から来た人達は、労働者としてとても苦労して、そしてここに根付き、今に至ります。

ハワイの日系移民の歴史があって今のハワイがある、と言っても過言ではありません。

最近ではもう慣れましたが、ホノルル空港の名前がダニエル・K・イノウエ空港(ダニエルケン・“ダン”・イノウエ空港)に変わったのをご存知だと思います。

アメリカ人になっても素晴らしいスピリットを持つ日本人、万歳です。

 

オアフ島ぐるっと1周観光の話に戻します。

2回目のハワイで初めてオアフ島1周を体験し、3回目のオアフ島ぐるっと1周観光の妻と新婚旅行で来た時はレンタカーを借りて、自分で運転してオアフ島を1周しました。

もうあんなことはできませんが、この『シーライフ・パーク・ハワイ』に行く道のりはハワイの自然が楽しめる絶好の機会でした。

ダイアモンドヘッドの北側からノースまで続くコオラウ山脈の峰が圧巻でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

園内の景色です。

最初に見たのはウミガメです。ウミガメしゃ〜ん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのあと見たのは園内案内も兼ねているパークの動画をご覧下さい。

『シーライフ・パーク・ハワイ』

このパークは事前に申し込んで体験できる体験プログラムがあります。はっきり言ってこれをやらないとツアーで申し込んだ『シーライフ・パーク・ハワイ』は暇で仕方がないでしょう。

体験プロギラムは次の種類があります。

  1. ドルフィン・ロイヤル・スイム

    一番人気のプログラム。
    イルカの背びれにつかまって一緒に泳いだり、2頭のイルカに足裏を押されて水上を勢いよくスライド!最高の思い出となるでしょう。

  2. ドルフィン・スイム・アドベンチャー

    イルカとキスをしたり、イルカの胸びれにつかまってベリーライド!
    さらに背びれにつかまってのスピードライドも楽しめます。

  3. ドルフィン・エンカウンター

    3才のお子様から楽しめるプログラムです。
    可愛いイルカとキスをしたり、餌付けや握手をしたり、イルカのダイナミックなジャンプを間近で観察できます。

  4. ドルフィン・アロハ

    園内裏のバックステージプールで、イルカに触れたり、餌付けをしたり、イルカの様々な行動を観察します。プールに入らず水着に着替える必要がないので、妊婦や身障者の方々の参加も可能です。(身障者の方はトレーナーの事前参加承認が必要です)

  5. その他アシカさんとの体験プログラム

私は水に入れてもこの体だと色々やいこしいので、4のドルフィン・アロハを体験しました。

写真では子供が体験するイメージですが、体に障害のある方や、濡れたくない参加者も参加していました。

イルカ、可愛かったです!

プール越しにお腹をなでなでしたり、ご飯の小魚をあげたり、凄い懐いてきます。キュッーキュッって。

トレーナーの方のお話だと、イルカはさせられているのではなくて、人間と遊ぶのが好きだそうです。

私は足に障害のある高齢の女性の方と同じグループで、他の参加者の方より多く、長くイルカと遊びました。これは特権だったのでしょうか(笑)

可愛いイルカと記念撮影しました。

妻は顔出しNGですがニコニコ笑ってます。イルカも優しい表情で側で写ってくれました🦈

何と言ってもハワイには普通にイルカが海に居ます。どの陸地からも遠く離れて、固有の動植物が生息する、最後の楽園と言われる美しい島『Hawaii』ならではです❣️

誰でも好きになるハワイ🏄‍♀️

体験プログラムでイルカと楽しい時間を過ごした後は、12:30 から始まるドルフィンコーブショー(イルカのショー)を見ました。

イルカのショーは楽しかったですが、最前席の障害者スペースで見たら近すぎて見えていない部分があり残念でした。一番前の障害者スペースより頑張って中段の方から見るのが良いです。

動画をお借りしました。

一枚だけ良さそうな写真が撮れました。僕の機材と腕では限界です。連写した中で良さそうな画像です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウキウキなHawaii❣️

ワクワクなHawaii❣️

このシーライフ・パーク・ハワイも楽しかったです。

さて、次の

Aloha!な旅に続きます❣️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その4- アラモアナC&マジック・アイランド

ワクワクのHawaii❣️

4日目の午後はアラモアナセンターに行きました。通称、アラモアナショッピングセンター。初めてのハワイで来た時は、あのダイエーが所有していたんですよ。

当時はバブルで、日本人はこぞってハワイに投資していました。変な話、ハワイの人にとって、いい迷惑だったと思います。その時を思い出すと、アラモアナセンターは人で溢れていました。何を買ったか覚えていませんが、某FM DJの久○田コージさんに連れてきて貰ったのを覚えています。1989年だったと思います。

ハワイは5回目ですが、毎回何を買ったか記憶が定かでないのは、買い物で浮かれていたからでしょう😆 でも、『T&C サーフ』タウン&カントリー、Stussy、バナナ・リパブリック(Banana Republic)、持っていたのはここで買ったと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕が呼ぶブランド物は、イタリア物の高級物でもなんでもなくて、この辺のベーシックなデザインの洋服です。若い頃はサーフブランドに拘りがありました。massimoの服とかも好きでした。

今年に入ってハワイ行きが決まってからはアロハシャツが欲しくなり、Reyn Spooner(レイン スプーナー アラモアナ センター店)に行きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電動車椅子で服のショップに入るのは気が引けますが、アラモアナセンターに来る前から決めていたので、躊躇なく入店です。そこで、30分ほどアロハシャツを取っ替え引っ替え鏡の前で合わせて、爽やかな白い生地がベースの、シンプルな単色の模様が入ったアロハを購入しました。

派手な色(赤とか)ではなく、ハワイのホテルマンが着用しているような、落ち着いたアロハを探していました。僕から見て「大人のアロハ」です。

 

画像がなかったので帰国後に撮影しました。

お気に入りになりそうなアロハシャツを買って、片麻痺になってから5回、その前と合わすとこの時点で10回ハワイに来ているスーパーリターンな味由部長さんのブログを読んで、フェラガモに僕も欲しくなりオードトワレを買いに行きました。

6月30日 日曜日

残念ながら商品はありませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20年ぶりに来たアラモアナセンターは、5回目が自分は車椅子で、もっと行きたい所はありましたが、昔のようにアクティブに動けず少し残念でした。

この旅が始まってから少しずつ思います。

「あぁ、普通に歩けたり階段を登れたら、もっと色んな所に行けたのになぁ」

「動作が3倍以上時間が掛かるから、何処へ行くにも、なにをするのにも、時間が勿体無いなぁ」

「色んな所へ行って(レンタカーを運転して…昔のように)色んな物を食べて、色んな物を見て、楽しみたいなぁ」

情けない話ですが蘇るのは昔の思い出ばかりです。時間は過ぎ、あの頃とは違います。今、この時を受け止め次に向かって進もう。

知ってました?

アラモアナセンターは今年で60周年を迎えるそうですよ!

結婚式で来た時は40周年。初めて来た時は30周年だったということになります!!!凄い。たまたまですが、時間の経過を目の当たりにします…。

画像はお借りしました。オープン当時のアラモアナセンターの写真です。

1959年8月13日、アラモアナセンターは全米最大のショッピングセンターとしてオープン。その面積は68万平方フィート(約63,000平米)で、店舗数は87店舗でした。オープン当初からのテナントのうち7店、ロングス・ドラッグス、フードランド(現在はフードランド・ファームズ)、レインズ(現在はレイン・ スプーナー)、シロキヤ(現在はシロキヤ・ジャパン・ビレッジウォーク)、テリトリアル・セービングス・バンク、郵便局、ワタムルズが今でも営業を続けています。

古き良きハワイ、今のハワイ、旅する人にとってはお買い物は楽しい思い出しかありませんよね。

アラモアナセンターを後にし、この日の第3の目的地「マジック・アイランド」に行きました。マジック・アイランドとはアラモアナセンターの南側、アラモアナビーチパークとアラワイヨットハーバーに隣接した人口の半島です。

時間的に日暮れにかかる頃、ここからの夕日を見に行きました。

あいにく天気は雲が多く、ここからのサンセットは見れませんでした。でも、めちゃめちゃ気持ち良かったです。オフショアの潮風が吹く中、サーファー達がいい波を求めてこの岬からテイクオフしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

違う一面のワイキキを見ました。

ワイキキビーチ沖越しにダイヤモンドヘッドを望む
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
マジックアイランド での夕べ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結婚式を終えた若いカップルが記念写真をカメラマンに撮って貰っています。何組もいました。ここはハネムーンウェディングで写真を撮る絶景のポイントです。

スマヌ、勝手に撮って。幸せをお裾分けして頂きました。新婚のカップルさん、とても幸せそうでした。

地元の人達がバーベキューを楽しんでいました。公共の公園でBBQが出来るのは羨ましいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな中、穏やかに陽は落ちていきました。夏場はアラモアナビーチからでは角度が悪く、絶景と呼べるサンセットは楽しめませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

静かな波が打ち寄せる半円形の浜辺の向こうに、レインボータワーが見えます。この風景とは正反対の、ダイナミックに波が打ち寄せるアラモアナ・ビーチでの体験は先程も書きましたが違うオアフでの一面を見ました。ありがとうハワイ🌊🏄‍♀️

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4日目終了、あとハワイも2日です😭(号泣)

 

さて、次の…(もう直ぐ終わりあと2回ぐらい.泣)

Aloha!な旅に続きます❣️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その4- アラモアナS.C&マジック・アイランド

 

 

 

 

 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その4-ホールフーズマーケット🍍Whole Foods Market

ウキウキなHawaii❣️

4日目のハワイ🌴

この日は一人早起きして、ヒルトンハワイアンビレッジ内を散策で〜す🌈

昨日は人が並んでいたので諦めた、ホテルのスタバも余裕で利用出来ました。時刻はAM 6:00。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その3-BEACHの記事でこの画像を既に公開しましたが、実はこの日に撮った画像でした。

緑豊かなビレッジ内。鳥のさえずるが何処でも聴こえます。
噴水や滝がいたるところにあり、施設内はどこにいても冷涼を感じるデザインです。
タパタワー1階正面入り口
朝6:30から行われている朝ヨガの風景。この画像のみお借りしました。

この後、10時過ぎにタクシーに乗りホテルを出て、ホールフーズマーケットクイーン店に行きました。Amazonが2017年に米国を中心とした高級スーパーのWhole foods Market(ホールフーズ・マーケット)を137億ドル(約1兆5200億円)で買収したのは、後から知ったのですがかなり有名です。

さて、オンライン販売事業と食料品の販売事業の成功は、全く異なるものです。「Amazonのホールフーズ買収は無謀だった」「確かに安くなったがノンオーガニックの大量生産品の陳列が増えた」等の買収されてからの批判的意見も多いようですが、Amazonの実店舗のWhole Foods Marketはどのようなものか、ぜひ見てみたいものです。

ハワイ行きが決まってから下調べしましたが、この日に行ったワイキキに一番近い店舗のクイーン店は、2018年にオープンした、自然食品スーパーです。

アラモアナショッピングセンターのすぐ近く。アラモアナからは徒歩で10分程の場所にあります。

実際ハワイでコンドミニアムを利用する人の間では、このスーパーがかなり重宝しているらしいです。好きなものを好きなだけ買える、量り売りコーナーも充実しています。

例えが関西の方でしか分からないかもしれませんが、こちらで言う「イカリスーパー」の巨大版でしょうか?大きなワインクーラーにドンペリらしきシャンパンも売ってました。

食料品を見る前に、2階のトートバックコーナーへ行きました。ここWhole foods Marketでもレジ袋の有料化です。今時レジ袋がタダのところはありません。ABCストアもそうです。

今日の目当てはこのトートバックでもありました。

フレッシュなハワイ産のフルーツ photo IWASHI
2階のトートバックコーナー。トートバックは1階のレジ横でも売っています。
エコバックと違って、しっかりした作りのバックが並んでいます。
ハワイ限定、Whole foods Marketオリジナルバック

先日会った友人の奥さんは50個も買ったそうです。どのハワイ本やハワイのブログでもイチ押し。流れに乗って私も購入しました。

そして漸く1階のフードコーナーへ。

ここでのお目当ては日本でいうお惣菜を売っているコーナー。

デリ・コーナー。Amazonプライムに入っていると割引?があるようです。
チーズだけでもこれだけの種類がありました。
焼きたてのピザの切り売り。どれを食べるか迷います。

その中から1つ選び、外のテラスで食べました。デリ・コーナーで選んだフードがこの日の昼食です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビュッフェスタイルデリでサラダ系、フルーツ系、オーガニック系、ローカル産食材などどれもすべて1パウンド=$8.99。ボックスは料理が並ぶ什器のサイドに置かれているので大・小好きなサイズを選び、彩良く盛り付け?しました(笑)。$10ほどでロコ気分を味わえ、これも旅をする楽しさです。

友人は「生ハムの切り売りが美味しい」と言っていました。対面式のカウンターで好きなハムを指差して頼むと、その場で切り分けして味わえるそうです。ワインやビールのおつまみに最高だそうです。

ランチを食べ終わって、1階にあるラニカイジュースへ行き、アサイボウルを初体験。地元の食材を使ったアサイボウルは、それほど甘くなくて冷たくて気に入りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シンプルなアサイボウル

4日目の午前中は、Amazonの傘下に入った自然食品スーパー「Whole foods Market(ホールフーズ・マーケット)」に行きました🥥🥝🍋🍖🥬

さて、次の

Aloha!な旅に続きます❣️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その4-ホールフーズマーケット🍍Whole Foods Market