image

手が動くイメージを忘れないように意識する為、冬に撮った写真を部屋の壁に貼りました。PCデスクのところですから、いつもこの写真を見ます。

こんな感じです。

DSC01493

数ヶ月前、「いつかこんな風にハンドルを握って、昔のように車を走らせたい」という思いを込めて撮った写真です。

イメージしたり、身近な事、その動作を目標にすることは大変良いことで、最近読んでいる本にもそう書いてあります。

デスクの上ですから毎日眺めるんですが、これを貼った場所に前はこんな私の描いた絵を貼っていました。

DSC01491

こんな絵なんですが

IMG_0001

左手で書きました。可愛いですか(^^ゞ

私の車は改造しており、通常右から アクセル → ブレーキ → 左足 ですが 右足 → ブレーキ → アクセル にペダルを変更しています。

それを体に叩きこむ為貼っていました。勿論、間違えた事など一度もありませんが、慎重派ですので。慌てた時でも、この身体障害者用改造車両を乗りこなす為です。

この絵はもう要りません。

そして完全回復を目指します。この写真のように…。

DSC00865

読書と視力

最近又本を時間を作り読んでいます。

全然読書家ではないですが、興味のある本は豆に読んでいたほうです。元々水に関する配管設計をする前は機械設計。その分野の学識が無いと図面に現れ、分かる人が見たら一目瞭然に薄学なのがバレますので、仕事の書籍は随分と買っていました。

つい最近はweb上で知識が手に入る為、段ボール3個分位を中古本屋に処分してスマート化しようとしたのが病気になる3年程前で、1冊5000円ぐらいする高い専門書が中古本屋では100円に叩かれましたが、それでも何冊かは残しています。

でも、本を読むことが病後になって難しくなりました。

そして、その正体が最近分かり始めました。

私は老眼が入っており、眼もレーザー治療で眼底出血を抑えていますが、夜以外は車を運転したり、日常生活に支障をきたす程ではありません。

先々週眼科で定期検査を受けましたが、ドクターに本を読んでいると数ページで焦点が合わなくなってきて、眠たくなってくるので単刀直入に訪ねましたが、眼的には見えていて異常がないとのことでした。

それをマッサージで私の施術をしてくれる視力障害のある方に話したところ、文字を理解するのと景色などを見るのとは使う脳が違う、という事でした。

人間は眼に写った画像は実は物凄くいい加減な画像で、それを脳が補って見えている画像にします。

私の場合、脳が損傷したダメージで疲れやすいのが普通の人より倍で、それが視力に影響しているようです。

同じ行を何度も読み返したりすることもあります。

かと言って眼球運動がおかしい事もありませんし、痙攣もありませんしどの角度も見えますが、脳出血後の視力障害は厄介です。
中には影が入って見えてない部分が多くでき、失明されている方もいるようで、人によっても症状は様々なようです。

見えているのに目が見にくいと感じる。どういうニュアンスで表現すればいいのか、なんとも難しいですが、とにかく本を読んでいると長続きしません。馬鹿なのか阿呆なのか、眼に知力で例えるなら2歳児ぐらいの歯応えで眼も頭が悪くなったような感じです(笑)((元々頭悪いのに・・・))

今読んでいる本をご紹介しようと思ったのに、大きく話がずれました。IMG

 

エビデンスに基づく脳卒中後の上肢と手のリハビリテーション

私のTwitterでもう既にご紹介しましたが、自分の病気の事ぐらいは自分で分からないと。病院で毎月自分でサインするリハビリテーション総合実施計画書の評価、あれ最初っから理解できた人いますか?

自分の病気の事が私にとってはその全容が書き記された、症状が違う方にも(脳出血)読める内容でした(未だ3分の1残ってますが・・・読むのに時間がかかるんです泣)。

題名に「上肢と手の~」とありますが、足や下肢・歩行についても書かれており「見様見真似でやっていたが合っていた」「これと同じ事を私も出来ていた。でも、でもこういう用語で呼ばれていたのは知らなかった」と思える内容で自分では買って良かったと思います。

因みに私は思うんですが、セラピーを受けたり、これからも病気と戦う側の人もそれなりの知識をつけるべきだと思います。

と、いい格好言ってる場合じゃありませんね。

沖縄では今日梅雨が明けたと聞きましたが、ここ近畿では7月21日頃の梅雨明け、関東甲信でも同じくそれくらいまで今年の梅雨は続きます。

後一ヶ月も雨でウォーキングしづらい日が続き今からどうしようかと考えてしまいますが、読書も買って読んでない本があと2冊もありますし、温水プールに行くチャレンジを実行してみるか、はたまたfacebookでリクエストを送ってもらっているcandy crushでレベルを上げるか…(~_~;)

とにかく梅雨中をどう過ごすか考えねばと思う今日この頃と、読んでいる本と、私の眼の状態でした。

LIFE

最近顔が変わったと思う。

前はぎすぎすしていた。

病気になって、この視点で人や社会、生きとし生けるもの全てへの価値観が変わった。

街に出て見回すと杖を付きながら横断歩道を渡る人、背高が低くなったノンステップバス、車椅子で入れるようになった映画館、人に優しい海外のCoffee Shop、前の自分だと気付かないものばかりだ。

体は重荷を背負ったけれど、心やこの価値観は今までの生き方をしていれば到底手に入らなかっただろう。

だから、むしろ感謝している。

何も悲しくはない。

人生は不思議だ。

病気になっても手に入れたものが山程ある。

それは人を気遣う優しさや、一生懸命回復を手伝ってくれる療法士、「頑張れ」、と言ってくれる人達や、元の自分では想像し得ない事ばかりだ。
四季の木の彩りの変化をウォーキングで眺めて、天候の変わりや聴こえる周りの音に耳を傾け、太陽に目をやる。

生きているからこそ素晴らしい。

人生において、杓子定規的に解ってはいても、本当に分からないことは沢山ある。出会った人々や、病気になってこそ味わった体の不自由な気持ち、それに応じてくれる人の優しさ。

あぁ、どこかで外猫が泣いてる。今日の晩御飯は何だろう・・・

 

今の方が発病する2年前より幸せです。

病気を発症して3年目を迎える、今の気持ちでした。

 

DSC01443 (2)

 

 

明日は私が倒れた日

私「明日何の日か知っとう?」

妻「知ってるよ。あなたが病気で倒れた日」

私「そうやで。こういう時はな、しんみりしたらあかんねん。逆に盛り上がらなアカンねん。リオのカーニバルに出てきそうな賑やかし軍団がやってきて、周りを囲まれ「ヒャッホー♪、ブラボー!!!。サゥーヂ、ヴィヴァ サンバ!!!」
みたいなノリで辛気臭いのは吹っ飛ばすんや!。おい、明日ご馳走せい!ケーキ買ってこい!!」

と、麻痺していない動く左手をパラパラさして踊りながら言うと

「キチガイみたいだからやめて。ご馳走すればいいわけね。ハイ、分かりました」

と、まずは私の要望は聞き入られました。

明日は私が脳出血で倒れた日の6月19日です。

ちょうど2年前の昼12時半頃、自宅兼事務所で天から降りてくる雷を受けたように、それは起こりました。

去年は自分の体の回復に必死で、今年のようにそれほど考えてませんでした。一応FaceBookに近況をお知らせするために書きましたが、今年は去年より気持ちに余裕ができてきた感じです。

明日を迎えると次の日から脳出血・片麻痺は3年目に突入します。

回復に向けて頑張らねば。
これからの目標は動かない手・腕を日常生活で使用する、ということです。

つい先日、この病気の書籍を買い、視力障害があるので毎日数ページずつですが読んでいます。

僕が考えるに失った体の機能を完全に取り戻す「回復の旅」は、言い換えると1つのミッションで、完全回復がゴールで、リハビリや諸々のことに対し作戦で自分の体の麻痺のタイプに合わせた戦術も人それぞれ違うと思いますが、只我武者羅に頑張るのではなくて、自分の目標を細かく立てて、うまくいかなかったら作戦を立て直したり計画を見直したりする余裕が必要だと思います。
気が先立ってできるものではない。それほど完全回復は甘くない。病気が完全回復する、あの5%は奇跡などでは到底手に入らない。

こつこつとリハビリを頑張るのは当たり前。時には自分のやっていることを角度を変えて見れるのも3年目の余裕かもしれませんし、こういう考え方ができるのも、この本に出会ったからこそかも知れません。

病気の全体像が遅いかもしれませんが、漸く掴めた気がします。

今日は明日で3年目を迎える今日のことと、私が今読んでいる本についてでした。

2014-06-08 17.28.39-1

DSC00581

 

DSC00583

 

急性期の病院へ

2014-06-13 16.04.06_pp

神戸市立医療センター中央市民病院。ここは私が脳出血を発症した時入院していた病院ですが、今日は定期的に受ける眼の検査に行きました。よく自分の姿を載せるのはこのブログで元気なのをアピールしたい為で、体の機能はまだまだですが、回復に向けて頑張っています。

病院?そんな自分が倒れた時に運び込まれた病院など二度と行きたくない!、と思うのが普通ですが、私にとっては回復に向けたサバイバーの出発となる場所です。

2年近くになり、ようやくゆっくりとこの回復へのスタート地点を見廻して、次のチャレンジを自分の中に映し出しました。
今日は危ないのでMY車椅子ですが、今年の夏は次のステップに進みます。

2014-06-13 15.52.48

 

DSC00567

 

DSC00560

DSC01356

神戸市立医療センター中央市民病院の外観

 

DSC01362

DSC01371

DSC01368

DSC01372

 

DSC01374

DSC01359_pp

 

 

「Hinotori」

いつもこのブログをご覧になって頂き、有難うございます。

さて、PCを使ってご覧になられている方はお気付きかも知れませんが、コンテンツサイドバーに動画を載せれるようにしました。

今載せているのがYouTubeにある動画で、やっているのがSystem 7というイギリスのテクノ・ユニットで、30年のキャリアを持つカリスマバンドです。彼らが2007年に手塚治虫の大作『火の鳥』にインスパイアされたトラックで、手塚治虫さんの長女の手塚るみ子さんが企画する「PHOENIX」とのコラボになります。

大作の『火の鳥』が現代のテクノアーティストによって羽ばたく動画、もう7年も前の動画ですが好きなのでご紹介しました。

音楽ライフ

無題

僕の普段聴いている音楽はPCやスマホを通して聴いているのですが、何を検索してどんな音楽を聴いているか?他人にとってはどうでもいい話ですがそれを話したいと思います。

主にネットで聴く一番新しいTech HouseProgressive Houseなんですが、DJ MIXされた途切れない音楽(DJもの)を聴いています。
自分にとってはこうやってブログを書いたり、とにかくBGMにこの「途切れることのない音楽」を掛けています。

どんなところを手繰ってきいているのかですが、もう10年前に海外のネットラジオを貼り付けているここを知りました。
殆どがリンク切れのようですが、10年も経っていれば仕方がないでしょう。今でもそうですが、当時SHOT CASTが定着した頃で、色んな海外のラジオ番組を漁って聴きました。

今はProton Radio (聴くのはこれが簡単) かFRISKY RADIOですが、上のシャウト キャストにはクラッシックからJAZZ、ロカビリーからMETALまで様々な音楽ラジオを聴くことが出来ます。

ハワイアンから90S 80Sの曲を流す局まで、一度お試し下さい!

無題