ロボットスーツ、医療機器に

ロボットスーツ、医療機器に 筋ジスやALS…歩行へ力

さて、先日10日に日本でも医療機器として承認されたサイバーダインHALですが、脳疾患では私はどちらかというとこちらの開発と実用化に期待していました。

Honda|Honda Robotics|体重支持型歩行アシスト

脳疾患を患ったことのある当事者の方ならご存知だと思いますが、日本の医療はことstroke絡みのリハビリについてはとにかく遅れがちに見えます。

私の知るところによるとusが今のところ一番発展しているように見えますが、リハビリ機器も気になるものといえば上肢の回復を促すこのあたりの製品です。

Myomo – myoelectric orthosis arm brace upper limb c brace …

日本でも取り扱いのあるbionessも気になっていましたが、私の通う病院が繋がりのないため保留中です。

先進的なリハビリテーション – Bioness LiveOn – フランスベッド

とにかく、これらのリハビリ機器やリハビリロボットが介護保険適応外だったのが、今後保険適用を検討しているということが、日本のリハビリ界に於いてかなりの進捗だというのが素人の私にも分かるところで「これは記事で書こう!」と思いました。

この1歩は小さな1歩ですが、このリハビリ機器を必要とする障がいを持つ人にとっては大きな1歩にして欲しいです。

rborbo

 

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援のポチッとヨロシクお願いします 。ヽ(ΦωΦ)ノ ワチョーイ♪
↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA