病歴について

2012年6月19日 自宅兼オフィスで昼12時30分頃、パソコンを触っている時に右半身不随に。痛みも痒みも無く突然だった。電話で妻に助けを呼び、救急車で集中治療室へ。普通の病室に移ったのは1週間後位だった。

2012年7月11日 緊急入院の病院から右半身麻痺の回復期の病院へ転院する。

2012年10月13日 退院して自宅療養に。

現在の心身機能・構造

右上肢は腕が心臓の位置に持って行ける程度で、前に出して「休め」のポーズが取れる程神経回路は行き渡っておらず。

右手指は僅かにゆっくりと動かせる程度。知覚感覚は殆ど無し。

右下肢は膝から下は力が入らず足首が下がったまま。知覚感覚は所々微かに有り。

右足指は押す方向に僅かに力が入る程度。

 

杖・装具で歩行。
喋るのは構音障害が少し有り。

専門用語をあまり知らないので、ざっと書いたらこの様な状態です。
こうなったら日々のトレーニング・リハビリからこの被検体を臨床してみようと考えています。
同じリハビリをやるにせよ、只何となく言われた通りにやっているのではなくて、自分の意思で動かそうとしなければ成果が出ないのがリハビリですが、本人にとっては雲を掴むようなもので、まるで念力でモノを動かす感覚です。少しでも戻ってくれれば良いんですが・・・

現在、仕事はしていません。発症から1年5か月が経ちます。
今日は自分の状況について触れてみました。

__

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA