夏への扉

「The Door into Summe」 
Robert A Heinlein

『夏への扉』

Kindleでポチりました。
同級生がこれに出てくるピートは三毛猫のような気がすると言っていました。

ちなみに、山下達郎に同名の『夏への扉』って曲があって、その歌詞は、吉田美奈子さんがこの小説を題材に書いたとも聞きました。
出てくるワードにも惹かれた。
んで、懐かしく達郎の「夏への扉」(The Door Into Summer)に針を落として聴いてみると
「そしてピートと連れ立って
君を迎えに戻るだろう」
の部分が、「ピートって何だろう?」と思っていた僕の長年の謎まで解けました。

この小説に出てくる猫のことだったんだ!

本当に本に登場(今から読みます)するであろう猫の名前を歌っている。達郎さんのこの曲の歌詞を昔、ネットで何でもわかるようになって調べてみた事がありますが、全く分かりませんでした。

The Door Into Summer

達郎と夏への扉と猫ちゃん、当分楽しめそうです。
arigato kudou kun

★ブログランキングに参加しています。

よろしければ応援のポチッを一日一回、
押すとランキングが上がります。よろしくお願いします 。
(=^・^=)

↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

(ΦωΦ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA