バリアバリュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日から読書しています。

本のタイトルは「バリアバリュー」。

目が悪いのと、悪い目で本を読むと疲れやすいので、1日数ページずつ読み進めます。

取り敢えず「はじめに—–高さ106センチの視点から」に始まる序章に当たるところから、第1章「自分のバリアに気づく」まで読みました。続きは明日。

僕のような中途障害者に、この本の著者のミライロ・垣内俊哉君の感覚が分からないかも知れないが、障害を価値に変える「バリア・バリュー」というテーマに惹かれた。

脳出血を発症して回復期病院に入院した時、今後障害のある身で自分に何ができるか?というのを一番に考えました。

今でもその立場は変わりませんが、バリア・バリューはある意味逆転の発想みたいで、なんか人生の大きな目標が掴めそうなので。

 

また感想を書きたいと思います。

何日掛かるか分からないけど。

(=^・^=)

 

★ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチッを一日一回、
押すとランキングが上がります。よろしくお願いします 。
(=^・^=) ニャ~♪

↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

(ΦωΦ)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA