阿修羅の手

この記事は2015年3月に書いた記事です。最近、脳出血を起こして間もない当事者の方や、その御家族と思われる方が私のブログを見に来られているようなので、過去の記事ですが脳卒中を起こして間もない頃の私の体験談のような記事を再掲させて頂きました。奇しくも脳卒中に見舞われてしまった方やその御家族の方も、前向きな姿勢で麻痺と取り組めば、必ず回復・社会復帰の道が開けると思います。

以下はそんな私の不思議な体験談です。今でもこの右手はこの頃と同じ状態ですが、薄皮をはぐように少しづつ、自分のものに取り戻しつつあります。

—————

;lop

約3年前、僕が脳出血を起こし救急で運ばれて、気が付いてからこの身に起こった2週間程の不思議な体験の話をします。

病院のベッドで1週間経ち、意識がはっきりとしてきた時から寝たきりの状態から意思を少しづつ伝え始めました。

呂律が回らないので身振り手振りを交えながら。

元々喋るときにはジェスチャーをよく使って喋るほうでしたが、この時自分の中では右手は動いていました。

今の話、聞かれて驚かれたと思います。

それもその筈、自分では動かない手とは別の「手」が存在していました。脳の中に。

これは通事故などで片腕を切断した患者さんの中に失った腕の感覚が長い間残っているケースがかなりあります。

「まぼろしの手」や「幻肢」と呼ばれているそうです。

切断こそはしていないものの、それを動かす指令を出す脳やその回路が損傷しているので、結果「幻肢」が出現した様になっていました。鋭い痛みと痺れを伴う右肩の部位から、ピタッと反応もせずに布団の上に横たわったままの腕とは別に、阿修羅像の腕の様ににょろにょろっと生えてた私の「右手」。

右に左に欲しいものや、やりたい事を右手は指差しで伝えます。

でも実際はイメージだけが動いていたんですけどね…

存在しないのにあたかもそこにあるかのように感じる、部位を切断した場合の現象が、私の脳疾患でもリアルに感じました。

その状態は冒頭でお話した通り2週間続き、ある日突然発現しなくなりました。

そして阿修羅の手は動かない本当の手に吸い込まれる様に同化しました。言うなれば幽体離脱から目覚める様に…

因にこの話をセラピストに話すと「阿修羅の手」と呼んだことから、そのように名付けました。

それは脳疾患患者が麻痺して動かない部位に起こる「学習性不使用」から、「阿修羅の手」が消えた訳ではなく、その時から廃具だったところから上腕はなんとか挙げれる様になり、振り子を動かす様な大きな動作は出来るようになりました。

この病気が未だ解明されてないのは、こういう患者の体験談や問診による症状の言い表し方がまともに出来ていないせいで、臨床体験を書いた書物が数多くないのも事実です。

人によって様々に分かれる脳の病気ですが、私が体験した脳卒中(大雑把に脳卒中と書きます)は、この様な経緯を通りました。

これを読んで頂いてるうちに「ミラーセラピー」や様々な脳の不思議が頭を過った方もいると思いますが、脳疾患の当事者(被験者.患者)にこそこの様なあなたが体験した「脳の不思議」を語って欲しいと、先ず我先にと書いてみました。

脳疾患患者が1000人いると1000通りの障害のパターンがあると思われる、神への最後の領域『脳』ですが、あなたはどのように捉えて体験したのか?興味は尽かない今日この頃です…。

😐

 

★ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチッを一日一回、
押すとランキングが上がります。よろしくお願いします 。
(=^・^=) ニャ~♪

↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

(ΦωΦ)

「片麻痺、歯医者へ行く」の巻

右半身不随で入院していた時から、恐れていたこと。それは歯医者です。私が入院していた回復病棟のしあわせの村(病院名は違います)では、食事は病室ではなく全員食堂で食べ、食後は廊下にある長い水場のようになった洗面スペースで、横一列に並んで毎回歯を磨いて病室へ帰るのが普通でした。車いすで運ばれ毎食後の3回歯を磨く。
その時から「車いすでもずり落ちそうだし、普通の椅子も麻痺のある右側から崩れ落ちないように座るのがやっとなのに、もし歯医者の椅子に座らなければならなくなったならどうしよう。完全に無理だ。不可能だ。虫歯にだけはならないようにせねば、虫歯は片麻痺の命取りだ」と、これだけ口腔内の衛生に気を付けているのだから、きっとそうに違いないと、かなりびびっておりました。

自分で想像もしていました。椅子から落ちないように、そして暴れないように、羊たちの沈黙のレクター教授のように羽交い締めにされて歯の治療をうけるのか?右半身不随があの台にどうやって??

想像すらできない右方麻痺への妄想はどんどん膨らみます。
seiophk

そして私も左上奥歯の詰め物が染みるようになり、覚悟を決めて歯医者へ行って来ました。

もうはっきり言って、どうにかなるだろうと。

介助もなしで車に乗って、昔の勤め先のあるH区へ。

子供じゃないんだから、最近は深く考えずに何でもトライすることにしています。大層ですが・・・

今年の夏には1人で職安にも行って来ました。
最近はお酒をよばれる食事会は足元が危険だからついてきてもらう位で、妻の介助は殆ど必要としません。

何より昔治療してもらっている歯医者なので、少し遠くても安心感があります。

DSC02691 (1)

補助やサポートなしで、なんとかなるもんです。

先ず、問診と椅子に座って昔のレントゲンと比較しながら今の状態を見て貰い、次は部屋を変えて立ったままの状態でレントゲン撮影です。

そして、又元の椅子へ。
すぐにレントゲンが映し出され、今のレントゲンです。

あ~あw。虫歯はないものの治療跡だらけwww

幸い詰め物を詰め直す必要はなく、知覚過敏がありますが簡単な治療で済みました。

歯も食事毎に一生懸命磨いていたので綺麗だそうですが、4年程歯石も取っていないので、まだ数回来なければなりませんが、これで歯医者さんへの不安も解決しました。

よかったよかった
🙂

DSC02692

追記:載せている画像。レクター教授の画像はWEBから借りてきたものですが、基本的に載せている画像はいつも自分で撮ったものです。

借りたもの、著作権のある画像は私の場合、必ず一言注記などで明記するかお断りをした上で転載しています。

最近、私の装具等の画像が自分で撮ったかのように使われているのを見て、前から言っても良かったんですが、【自分のブログぐらい自分で撮った写真使おうよ】と言える、テキトーなブロガーに辟易しています。

写真を撮るのも面倒臭いのか???、一生懸命UPする画像を撮ったり、そういうこともリハビリだと思うよ。なんて事があります・・・
(他人の撮った画像を使うのは泥棒ですヨ)

心がこもってない、そんな文章と同じで、一言申し上げたい。そんな自分でした。

MixcloudのDeepHouse Chart第5位を記録しました。ホントに有難う!

I’m stroke survivor. 
right hand and the right foot do not move. 
listen to the music of my brain. 
Thank you for listening to my DJ MIX.

 

This upload has reached 5th in the Deephouse chart, 31st in the Trance chart, 32nd in the Chillout chart and 63rd in the Techno chart.

Thank you, everybody. 🙂

DSC01795

DSC01815 (1)

mix1

先週は驚きの連続でした。Mixcloudという最近勢いのある海外の音楽SNSで 、私のDJ MIXがDeepHouse Chartで最終5位という結果が出ました。

https://www.mixcloud.com/OSD-kobe/2014-7-16-mix-by-osd/

チャートランキングは世界中のユーザーが見ており、周りには有名DJのMIX音源や渋いMIXが並ぶ中、第5位まで行けたことには皆さんに感謝です。

暑い日にはホルモンと冷麺と【焼肉 満月】

いや~暑いですね~。暑い暑い。
昨日はホルモンでも食べてスタミナを付けようと「焼肉・ホルモン 満月」へ。最近焼肉と言えばここばかり行ってます。ここの記事も定番化しつつありますが、料理をあまりレポートしたことがなかったので、今日は料理の写真もUPしました。古民家風の佇まいに赤く灯る提灯が、ガツッと食べ応えのある焼肉を連想させます。
DSC01681

DSC01682

暑い日だからこそ食べれる「焼肉」。日頃のリハビリストレスも吹っ飛ばす、偶に食べる贅沢です。焼肉は勿論、ここのホルモンはかなり鮮度の良いランク上(ホルモンで拘っているお店はあまり無いでしょう)の上質なホルモンを出しています。もし店主にホルモンの事で突っ込みでもしようものなら、焼き方から食し方まで淡々と説教?(笑)されるでしょう。

昨日は前菜のキムチ9種+チャンジャも食べたかったので、コースにしました。先ずはお疲れ様のビールから。
DSC01684

生ビールで喉を潤しながらのキムチ・ナムルは最高。
DSC01685
前菜のキムチ9種+チャンジャ
DSC01686

そして次は生もの盛り合わせになります。

上質なトロのようなお肉は口の中で初めて味わう感覚でしょう。
DSC01687
にぎりです。貴重な部位なのですがパクッと一口で↓
DSC01688

ここで漸く焼き物です。七輪を使った炭火のセットにテーブルは早変わりし、明る過ぎない店内の照明と七輪の上から降りてくる無煙ロースターの横の照明ランプがなんとも情緒的です。
DSC01691

塩もの盛り合わせ。お好みでわさびでも頂けます。DSC01689

塩もの盛り合わせ
DSC01690

2人前の量です。順番に焼肉からホルモンまで塩焼で素材そのものの味を楽しめます。何も味付けしていないのに焼肉はとてもジューシー。
塩で頂くホルモンもご飯が進みそうな位噛む度に味が滲み出て、この日一緒に行った同伴者はライス大を一緒に食べていました。

そしてタレ焼きです。
DSC01693

どんどん焼きます。
DSC01695

何度も言いますが鮮度が良いので焼き具合は程々に。

以上でコースは終了ですが、追加で冷麺を頂きました。

暑い中熱中症でバテるまえに、冷麺のお酢でミネラルを沢山摂って、今日の仕上げとします。脂っぽくなった口の中もスッキリです。
冷た~いスープも最後の一滴まで飲み干しました。
DSC01698

あ~美味しかったです。加えて言いますがこの日も満杯で9時からラストの11時頃までの予約で食べましたが、少しずれ込んでいたようです。要は予約制となっており早い時間の回転がオープンから8時頃まで一度あり、お客さんが入れ替わる2回転目がそこから11時頃までとなかなか忙しない繁盛ぶりです。
スタミナを付けようと皆考えるのは同じ事なのか、会社帰りのサラリーマンの方達やカップルで、私が通った旧生田中学校の南側、宇治川と花隈の真ん中辺りになるこの下町のこの場所は、昨夜も景気良く賑わっていました。一度ご賞味あれ。

【焼肉 満月(マンゲツ)】

1枚の写真

 

壁紙をこの画像にしました。
ネットで見つけて、そのツイートにはこう書いてありました。

「この写真を送ってくれた娘の友達に感謝します。右足・右手が動かなくても自転車に乗ってる人たちは大勢いるはずです。努力もしないで諦めるのはもう止めよう。」

このパラリンピックの選手の写真と、画像を貼り付けて呟いているこの方の決意には一瞬、衝撃が走りました。

最近、目標を見失いがちでしたが、たまにこの写真を見て頑張ろうと思います。

NEVER NEVER NEVER GIVE UP!

dont-tell-me-you-cant_small1

マイナスイオンのセラピスト

昨日、公園の桜の写真を撮りました。

一昨年の11月よりここでウォーキングしているのですが、去年は下を見ながら歩くのに必死で、周りの景色など楽しむ余裕などありませんでした。でも今年は桜の木の横を通る度に、開花を楽しみにしていました。

丁度天気が良かったので「これはチャンス!」と、お昼御飯を手早く済ませ、公園の遊歩道沿いにある桜の木へと急ぎます。

四季をこんなに感じるのは病気をしたお陰かもしれませんが、不思議と植物の波動を感じれる、前の自分とは違った感性が目覚めたのかもしれません(笑)

公園の目立つ所にある1本の桜は、花弁を満開にさせてそこにありました。

DSC00775

DSC00757

大袈裟かもしれませんが、傷ついた、壊れそうになった私の体の細胞の一つ一つに、良いエネルギーが入ってきます。

なんというか、自然のオーラに包まれるように。

歩くときに出てしまう体の不必要な緊張が取れ、リラックスして歩けるような気分になる。敢えて言うならば植物の癒し療法と言うべきか、優しいセラピストに今年も逢えました。

 

$$Fhrg

DSC00761

DSC00776