残念ながら俺のおやつといえばスイーツ代わりにラーメン☆バリカタデタノム

今日は、大好きなラーメンを食べる話をしよう。

ラーメン屋。これは、足が不自由な人とか、身体が不自由な人が食べに行くには難易度が高い。又、僕のお気に入りのラーメンを出す店に限って、バリアフリーなどある訳ないし、車椅子では諦めていたと思う。そりゃそうだ。値段の高いランチ・ディナーの店ならともかく、1杯数百円で売るラーメン屋で、やれ車椅子対応はどうとか言わせてもらえない。

元々、立ち食いが好きな貧乏雑種系飲みスタイルなので、僕の外食に対するリハビリの最終目的は、立ち飲み屋で串かつを頬張り、おでんをアテに瓶ビールを乾いた喉に流し込む。ハード且つアバンギャルドな目標だ。前にも述べたが「普通の生活が最高のリハビリ」。これに僕の貧乏スタイルを当てはめて、立ち椅子に座れるようになったのはすぐだった。リラックスして深く飲みに入るとまではいかないが、これで周りのTPOに合わせたり、周りに気を使わせて出来ないことも減り、おまけに自由に行ける場所も増え、仲の良かった友人達ともう一度楽しく飲む準備も整った!。くだらないことかも知れないが、リハビリとはそういう事の為にあると思うのです。

難しい大義名分など無い。子供や家族の為とか言えばそうだと思うが、先ず本人が成し遂げたいことが回復に向けての最大の動機付けだと思います。何度も言いますが僕の場合は、貧乏スタイルが好きなだけだったかも知れません。我がままを言っていつまでもタクシーに乗せてもらったり、車椅子に座らせて貰うのもお金が無いので、そういうわけにはいかなかった。立って歩かなければ、道は無かったから・・・。

話はズレましたが、今日は雪が降るとの予報だったので、早めにウォーキングを切り上げ、半年振りにとんこつラーメンを食べに行きました。

お水はセルフサービス、座る席も相席が普通、食べ終わったらさっさと帰ってくれ!というのが今までの時代の常識でしたが、このラーメン屋さん、私がドアに近づくと調理場から出てドアを開けてサポートしてくれます。最初は水も持って歩けないので何度か水無しでいましたが、ここ何回かは気を利かして何も言わずとも持ってきてくれます。中に入るところから見ていて、障がい者と分かれば直ぐにサポートに来る。ラーメン界のスタバみたいですな。

DSC03268

少しグラつきますが、これに座れたのは正に執念の賜物。大袈裟ですがそう思うわけであります。DSC03273

麺の硬さは、最も硬いのが「バリ硬」。いつもそれで注文します。因みに「俺のトッピング」は、胡麻・紅しょうが。この牛丼に出てくる紅しょうがの安っぽさ

DSC03275

 

ラーメン1杯650円。替え玉はやりたいですが、おやつなのでそこまでは我慢です。

久しぶりにB級グルメな投稿でした。

酔っ払って食べる夜中のラーメン。日曜日の昼間からお湯巡りして浸かる銭湯の湯船。

未だ出来ないこと、行けない所は多いですが、元気な頃を目指し頑張ります!

DSC03276

 

「とんこつらーめん・しぇからしか東灘」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA