満潮

「今38年ぶりに蘇る音源。

当時中2で隠れヤンキーだった俺は、このアルバムを聴きまくった。

残念ながら15歳位の私はビートルズでも、イーグルスでもなく、聴いていたのは日本の歌謡ロックだった。

勿論Queenの洗礼も受けた。News Of The World、Jazz。後アース、ウインド&ファイアーもこの頃初めて聴いた。日本人のイラストレーターがジャケットをやっているってことで有名になったのを覚えている。長岡秀星さん、もう亡くなってしまったが。
でも、やっぱり日本語の歌詞がしっくりくる。
こうやって、おじさんになっていくんだろうなぁ(笑)
今日は「しらけちまうぜ」を口ずさみながら、オン・ザ・ハイウェイ・・・」

以上はFacebookの投稿より

 

今日は音楽ブログです。

歌詞に癒されます。

作曲:筒美京平

作詞:松本隆

アーティスト:桑名正博

「満潮」

 

薄荷色した陽に誘われ

イギリス煙草手に 僕は海へ出かけて行った

波は素足に水晶なげる 半透明な朝 君は日傘傾け走る

 

痺れちまう程

静かだね…

心の鎧を  解き放とうか

痺れちまう程

平和だね…

ご覧よ 波間の霧が晴れてく・・

 

8月の客船が海を渡るのが見えるだろう

 

 

髪はサラサラ 風の葉に乗り

セザンヌの絵みたい 砂は 白いサテンの布さ

蛎ガラを手に 華やぐ君を 砂浜に転がし

何も言わず抱きしめていた・・

痺れちまう程 静かだね…

心の氷河が 雪溶けていく

痺れちまう程 平和だね…

ご覧よ 紫色の断崖 ・ ・

8月の客船が・深い海底に沈んでいるよ

痺れちまう程 静かだね…

心の鎧を 解き放とうか

痺れちまう程

平和だね…

ご覧よ 波間の霧が晴れてく ・ ・

8月の客船が海を渡るのが見えるだろう

————————————————

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA