京都

仕事で京都の宿泊施設情報を抽出している。その数、2133件。京都市だけでこの数。府になるともっと多い。

東京都が2346件あるのに比べて京都府は余裕でぶっちぎっている。

今年の夏から始めているがまだまだ終わらない。

京都は日本で1番ホテルの数が多い都道府県だと思う。

可哀想なことにホテルはどこも閑古鳥が泣いてる。

コロナがなければ今頃オリンピックで並行して京都は観光で盛り上がっているはずなのに…。

調査していると時々「閉業しました」の文字を見かける。本当に可哀想。ニュースで見かけたけど京都の地価が高い。

京都市内は住宅を持っていても住むより宿泊施設として運営する方が儲かるのか、

普通の住宅でも町屋の一棟貸しのように貸しているところが多い。

京都に住むのは金持ちだ。

そういえば弟は京都の伏見区に戸建て住宅を建て家族と一緒に悠々自適に生活している。

弟は僕と違って勉強がよくでき、大学院を卒業して今はとある大学で準教授をしている。

話は逸れたが京都のホテルを毎日調べまくっているのでいつの間にか自分は京都の住人になった気分だ。

ご隠居さんになれば京都に住むと言うのも悪くなさそう。

2020ひまわりを見に淡路島へ

誰のために咲いたの

それはあなたのためよ

白い夏のひざしをあびて

こんなに開いたの

恋の夢を求めて

まわるひまわりの花

そしていつも見つめてくれる

あなた太陽みたい

涙なんか知らない

いつでもほほえみを

そんな君が好きだと

あなたはささやく

もしもいつかあなたが

顔を見せなくなれば

きっと枯れてしまうのでしょう

そんなひまわりの花

[引用元:

ひまわり娘

伊藤咲子

作詞

阿久 悠

作曲

シュキ・レヴィ]

おっさんが恥ずかしげもなくここぞとばかりにひまわりのお花畑で戯れた画像を公開してしまいました。

8月に入って3連休のお休みに淡路島の「イングランドの丘」へひまわりを見に行って来ました。

天気は青空こそ見えませんが晴れた天気で、Tシャツから出た腕は半日程で真っ赤になり少し日焼けしました。

コロナでも元気に咲くひまわりを見てこちらも元気になりました😊

昼食は淡路島に来るといつも行くピザ屋さんでランチ🍽

ピザ丸とクアドロフォルマッジ、クアトロフォルマッジはハチミツをかけて食べます。どちらもチーズが濃厚で美味しい。

ここのお店は予約して行くのをお薦めします。

石窯ピザ丸

住所:兵庫県 南あわじ市 榎列小榎列 409-7

HP: http://pizzamaru.jp/

ハチミツを掛けて食べると美味。料金もリーズナブルで、注文を頼む時に支払う前金制です。

やっと夏休みらしい1日を過ごせました♪

 

Maybe in 1993. Kobe, kitchen bar construction. photo.

アナログ一眼レフカメラリバーサルフィルム で撮影した写真。

当時働いていたバーで撮影した。場所は阪急三宮駅西口の西側高架下の飲食店が並ぶ一角。DJをしているのは私。

トアロードにあったプロラボショップ「CREATE」で現像した。

このような赤はスマホでは出せない。

撮影(シャッターを切って貰った)のは7歳ほど年下で一緒に働いていた若き頃のプロフォトグラファーの伊藤ヒロ。

30年ほど前の昔の写真だが、普通の保存状態にもかかわらず経年劣化が少ない。

この発色の良い写真を見ていると、つい最近のことのように思える。

アートの世界だ。

写真の世界は奥が深い。

2020桜

先日、動物園に桜を見に行きました。

コロナパニックで外出自粛要請が出される1日前、この日の園内は人がまばらで無料開放されていました。

初めて園で貸し出ししている車椅子を借りました。この車椅子、電動アシストが付いていて、急な坂道も介助者は楽々押せます。
某動物園の難所は、この入り口から続く丘のようになった急な坂道です。
車椅子は重くて断念された車椅子ユーザーの方も多いんじゃないでしょうか。
某動物園は数台常駐しており、入り口で自分の車椅子と乗り換えるのも手だと思います。尚、介助者に押してもらうタイプの車椅子なので、お一人で動き回るには不向きです。

車椅子の画像はありませんが、障害者の外出情報としてお役立てください。

今回も多くの桜を撮影しました。
写真をタップすると大きな画像でムービーのように見れます。
コロナショックで迎えた新年度ですが、桜の画像で癒していただければ幸に思います。

ガラガラでした
あまり広げると危ないので今年のお弁当はミニマル簡単弁当です
お弁当の後は動物を見る。アムールヒョウ
象も久しぶりのお客さんに喜んでるようです
パンダはコロナでもマイペースに笹食ってました
4月3日 花びらは散っていません
どこを見ても桜だらけ
散歩がてらに来ている人がほとんど
桜とても綺麗でした
桜のトンネル
4月3日開花状況
花びらは淡いピンク
良い写真が撮れました
キリンと桜
ロバと桜
爽やかな桜
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ビビットな桜
遊園地と桜
乗り物は稼働しています
この後も晴れた日が続けばいいですね
コロナでも象は元気😊

 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 🏄‍♀️その6-さようならハワイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハワイ出国で関空へのフライトの朝はとても早い。

7月2日の朝は6時半頃ホテルの部屋を出て、ホテルのメインロビー(白いコーデで記念撮影した場所)でチェックアウトを終え、旅行会社用の出入口があるグランド・アイランダー1階のバスターミナルから空港への送迎バスに乗ります。

結局トロリーも1回しか乗らなかったなぁ😔

10日ぐらい滞在しないと何も出来ません。

老猫のネオちゃんを置いてきてそんな事は出来ません。

実は旅行は来年にしようという話もあったんですが、ネオちゃんの事もあるし、何があるかわからない遠い先の話より、行けるうちに行こうという私の思いで結婚20周年の2019年にしました。

本当、人生何があるか分からないし、動けるときに動こうと…。

感慨に浸る間もなくシャワーを終えて、大慌てでこれらの流れに従って滞在先のヒルトン・ハワイアンビレッジを後にし、もう何回も見ている空港までの道のりをもう見る事はないので目に焼きつけます。

今回は空港までの道のりで見える、ヨットハーバー横のマジックアイランドで感動的な夕日は見れなかったけど、今まで見れなかったオアフの景色を見れたし、結婚20周年記念の素晴らしいハワイ旅行でした。

空港の風景もあとで懐かしむ為にシャッターを切りました。空港かツアーの人がフレームに入ったけど、異国感あってまあいいか😂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダニエル・K・イノウエ空港には7時頃到着し、朝早いので人もまばらです。航空会社のチェックインカウンターで車椅子を航空会社が用意してくれた車椅子に乗り換え、機内預け荷物のスーツケースと今回の旅のお供、電動車椅子もパッキングされ、出国検査を受ける為にカウンターに預けます。車椅子が重量オーバーで追加料金を払わなければならないところを、ツアーの付き添いの方がうまく払わなくていいようにしてくれました。

スーツケースは自分は持てないので、一番容量のあるスーツケースが1つだけで旅行しました。

スーツケースに入れる余裕がなく、お土産があまり買えなかったのが心残りです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次は出国検査です。セキュリティチェックを受けるカウンターで手荷物とボディチェックを受けます。検査は女性の黒人の方で、一応足に履いている装具を履いたまま上にあげて見せてと言われましたが、チェックは簡単に済み、短時間で通過できました。テロ対策で米国の出入国はかなり厳しく、場合によっては上着と靴を脱いで金属探知機を通るよう指示されます。

本当、テロ、最悪だ😡。どの国も安全に渡航できる世界になりますように…。

セキュリティチェックのカウンターを抜け、免税店が並ぶフロアーで買い物したかったんですが、早朝でどこも開いていません。

1軒だけ今から開ける店舗があり、そこで休憩しました。こちら側のターミナルは来た事がないのか???旧ノースとユナイテッドとJALは利用した事がありますが、今回のフライトで利用したデルタ航空は初めての利用です。

デルタではありません。空港でのワンショット

20年前の新婚旅行でハワイに来た時のホノルル空港でこの時と同じくフライトを待ち、ターミナルにあるカフェで撮った写真です。ハワイのダイアモンドヘッドの麓にある、ユニティーチャペルという地元感覚あふれるほのぼのとした教会で、二人だけで結婚式を挙げた際に、ささやかながら結婚指輪をあげたんですね。若き日の妻は嬉しそうに見せて写真に写ってます(笑)

20年前、ホノルル空港で

唯一開いていた店舗でハワイ産のドラフトビールを飲みました。フライトは10時6分ホノルル発。関空着ハワイ便は昔からこんなに早い時間だったかな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハワイさよならで乾杯です。20年経って同じ地で同じシチュエーションで撮った写真。二人共年を取り、僕は病気に見舞われるなど色々ありましたが、こうして元気に過ごせていれることに感謝です。

20年経過した現在。

いよいよさよならハワイです。

 

ハワイでのコバルトブルーの海、青い空、燦々と輝く太陽、豊かな自然、美味しい食べ物。どれもがとても素敵だった。

さようならハワイ🌈 🌴 🦈 🌺

2ヶ月近く経って漸く完結する旅ブログですが、とても幸せな気分で書けました。

こういうブログはいつまでも書き続けたいです。誰も傷つかないし、ワクワク・ウキウキを伝えたり、非日常感に引き込む。ずっとやりたかった理想のブログが書けました。

日本に帰る6,873 kmの道のり。偏西風に逆らって帰りは9時間半掛かります。大陸の上を飛ぶのではなく、延々と何もない海の上を飛びます。これって改めて凄いですよね。

帰りの機内食もエコノミーですが(いつもエコノミーです)味は割と美味しかったです。ビーフカレーがメインの物を頼みました。この後、日本映画の「カメラを止めるな」とか3本見て、やっと眠ったのが到着3時間前。ビールを5本も飲みました。行きはセーブしていましたが、帰路はどうなってもかまへんわ、と弾けました。とにかくうまく行って良かった。身体障害の体の私と重い電動車椅子を乗せて移動のタクシーや、レストランでの着席や、事細かな想定しなければならないことを、妻の助けを借りてクリアできたのはほんと凄い。

来るまでに計画を立てて、必要な物を購入し、ここハワイに来る為だけに電動車椅子を借りて、障害者であることをレストラン等色んな所へ伝えて、その為の申請をして、、ESTAも自分で申請して、よくここまで実現できたなあと振り返って思います(これから障害のある方はハワイはハードルが高いかなと思われるかもしれませんが、僕は心配性なので前準備は色々想定して準備しましたが、本当は行き当たりばったりだとしても何とかなりそうな気がします)。

電動車椅子に
Manfrottoアクセサリー スーパークランプ
バリアブルフリクションアーム カメラブラケット
Velbon 3Way雲台
その他自作取り付け固定ステー
の三脚の部品を取り付け、車椅子自体を三脚のように使用して、妻と二人で記念写真を撮ったり、ブレないようにカメラを固定して車椅子に乗ったまま撮ったりしました。拙い技術でしたが、右手が肘から先は思うように動かないので、左手のみでミラーレス一眼カメラで撮った写真の数々、楽しんでいただけたでしょうか…?。

 

うん、ご飯美味しい❣️

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう1食出ましたが撮影忘れました。

そして帰って来ました。

wi-fiを空港にあるカウンターで返却して、やっと通信復活です。

もっとくだらないことをハワイに行っても呟いたり、FBに投稿しまくったりしたかったんですが、昼間の紫外線がめちゃくちゃ強いハワイ、眩しくてスマホの画面がまともに見えません。これには折角wi-fiを借りたのに不具合を感じました。遊びに忙しいし、ハワイでリアルタイムで何かを発信するのは無理でした。

そして梅雨だった日本。

全てがグレーに見えます。

日本には7月3日(水)の2時15分に到着し、機を離れてからすぐ一息つけました。

準備を始めた時から、長くもあり、短くもあったハワイ旅イベントだった。

ただいま。

 

空一面雨雲が漂う海の上を関空からポートアイランドまでベイシャトルに乗って航行して行きます。

家に帰ったら愛猫ネオちゃんが、何事もなかったように、妻に頭を擦り付けて甘えています。目ヤニが1週間付いたままです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネオただいま😻

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺

Aloha!な旅はこれでおしまい❣️

 

最後に、最近好きになったんですが

とても優しい、ハワイを讃えるハワイ賛歌 HAWAI’I ALOHA(ハワイアロハ)で別れです。

最後までこの旅ブログをご覧になってくださり

本当にありがとうございました😌

ハワイブログはこれにて終了ですが、これからも明るいノリで、アロハな記事を書いていこうと思います。

では、

マハロ〜 

ハワイ行こうよ!やっぱりハワイ最高(笑)

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その6-さようならハワイ

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その5-ハワイ最後の夜はTHE BEACH BARで🥂

ウキウキなHawaii❣️

シーライフパーク・ハワイから送迎バスで一旦ホテルに戻り、ハワイ最後の夜はモアナサーフライダーウェスティンホテルの1階にあるバー、ビーチ・バーで軽い食事とお酒とフラを楽しみました。

最後の夜なのでハワイに乾杯です。

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その3-Kalakaua Ave

にてご紹介したBARです。

バニャンツリー (ベンガルボダイジュ)が出迎えるビーチバー入り口

 

中庭に堂々とそびえ立つベンガルボダイジュは、1885年、農務省実験局長のジャレッド・スミス氏によって植樹されました。当時その木は樹齢約 7歳、高さ約 7フィート(約2.1m)でしたが、今では

高さ 75フィート(約22.8m)にまで成長し、横150フィート(約45.7 m)にわたり枝を広げています。この歴史ある木は 1979年にハワイ 特定稀少樹と認定されました。又、アメリカ・ザ・ビューティフル・ファンドの理事会において、ハワイ・ミレニアム・ランドマーク・ツリー

(新世紀に向かって保護する必要のある、州に唯一本の歴史的樹 木)に指定されました。ベンガルボダイジュは熱帯性イチジク属の 一種で、親木の割れ目に入り込んだ種が芽を出す着生植物です。

沢山の木根を出し、木根はやがて幹のようになって横に広がり、老齢のベンガルボダイジュではどれが元の幹だかわからないほどで す。枝が広く横に張り出すので、緑陰樹として利用されます。

世界ー大きいベンガルボダイジュはインドのカルカッタにあリます。 ヒンズー教ではベンガルボダイジュは神聖なものとされ、「樹木の 中の樹木」と呼ばれています。どこまでもその枝を伸はし続けるこ とから永遠の命の象徴とされ、「願いことがかなう御神木」 として

人々に崇められています。また、フィリ ピンの神話では、ベンガルボ ダイジュには多くの魂や鬼のような生物 (ヴィサヤ人の間では「人間以外の何か」と呼ばれるもの)が宿るとされており、巨人や小人、 半馬人といった神話上の人物と関わりがあると信じられています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このベンガルボ ダイジュの近くに席を取りました。海からの心地よい風が吹く中、オーシャンビューな席に着きたかったんですが、あいにく南側の席は人気があり、その代わりにと言ってはなんですが、ハワイアンの演奏とフラが丁度良い感じの距離で楽しめます。

折角のハワイなのでトロピカルドリンクをオーダー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私はハワイに来てから好きになったチチ。パイナップルジュースとココナッツミルクをたっぷりと使うトロピカルカクテルの定番です。

妻は僕の勧めでマイタイ。マイタイはラムをベースにしたカクテルで、標準的なレシピは

  • ライト・ラム – 55ml
  • オレンジ・キュラソー – 5ml
  • パイナップル・ジュース – 10ml
  • オレンジジュース- 10ml
  • レモン・ジュース – 10ml
  • ダーク・ラム – 2tsp
  • スライス・レモン – 1枚
  • スライス・オレンジ- 1枚
  • カット・パイナップル – 1片
  • マラスキーノ・チェリー – 1個

これらの材料をシェイクし、氷を入れたグラスに移したら、その上にダークラムをフロートさせ、各種フルーツ等を飾ったら出来上がり。近くにあるピンク色の印象的な外観を持つ高級ホテル「 ロイヤル ハワイアン ホテル」にあるバー「マイタイ・バー」でこれを飲んでもよかったんですが、それだと自分のオリジナリティーがないので、タクシーを降りてから移動距離が少ないこちらの「ビーチ・バー」にしました。

こちらのマイタイもとても美味しそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

軽食に「ノースショア ガーリックシュリンプ」とサラダを頼みました。画像はノースショア ガーリックシュリンプのみです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソロ・フラダンサーが毎日5:30PM~7:30PMに出演していて、席に着くと暫くしてミュージシャンによるハワイアンサウンドの演奏が始まりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハワイアンの歌に合わせて、フラダンサーが踊ります。

日が暮れる中、バニャンツリー (ベンガルボダイジュ)もライトアップされます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この下の画像はお借りしました。自分達の席から見て、木を隔てた反対側の画像です。

結婚20周年記念ハワイ旅行の最後の夜に二人で乾杯して記念撮影。ここ数日で随分日焼けしました。神木への願い事は特にしていませんが、これからも無病息災・家内安全を願います。しかし、ヴィジュアルや画像ではそう見せていませんが、重度の右半身麻痺になった体でハワイに来れて感謝です。妻ありがとう🌈 🌴 🦈 🌺アロハ〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

妻が撮影してくれたワンショット。今年後半は健康的なイメージで行けそうです(笑)

フレディマキュ男とパトランプ男とも記念撮影しました。画像が前ボケしていて分かりにくいけど、一緒にハワイ旅行楽しかったね😆

いよいよ、次は日本に帰国の記事になります。

今回も最後までご覧になってくださりありがとうございます

 

さて、次の

Aloha!な旅に続きます❣️

では

マハロ〜 

2019. Hawaii 🌈 🌴 🦈 🌺 その5-ハワイ最後の夜はTHE BEACH BARで🥂