パワーリハビリテーション

リハビリ特化型デイサービスセンター”ミナトケアステーション”に行ってきました。今日が初日です。

今日はまず今の麻痺側の体力と健側の筋力の違いを測定する、今の体力測定&歩きのフォームの動画を撮り検証して、今後のフォームの改善計画、器具を使ったパワーリハ、ストレッチ、ウォーターベッドでリラクゼーション、といった感じで、昼1時から夕方の5時前まで時間を使えました。新しい介護保険のスケジュール組みで入れたこのサービス、一日が有意義に過ごせます。しかも体力づくりだけでなく、歩きを改善するというところにポイントが絞られました。

入院していた頃はなんとか装具を使って歩けるものの、歩き方はぶん回し、超スピード遅い、足元を見なければ歩けない、余裕なんかこれっぽっちもない(実は適当に返事してる)と歩いている時は頭の中は完全に別の世界に行っていた訳ですが、退院の時作った装具で歩きの練習をして1年、ようやくペースが掴めたものの、初代装具破損。買い替えてランクアップして、装具に慣れるまで今で2ヶ月ですが、ちょっぴり歩きは後退した、そんな感じのウォーキングでした。
このタイミングで新しいサービスで歩き方のフォームに重点を置いてリハビリする。これは自分だけでは無理なので、これから幸先。良い感じです。

周りからそんなリハビリの事を「パワーリハビリテーション」と聞いてましたが、やってみなければ分からない。言葉のイメージで「筋力を鍛えるだけ」と思っていましたが、今日のメンバーも80代位のおじいさん、おばあちゃまに混じってギリギリ40代が私1人。言葉の割に緩~いリハビリです。

しかし、最後のウォーターベッドで体を揉みほぐす機械ですが、施術中に思いました。
「なんで按摩器なのに、ウォーターベッドでできるんだ?構造はどうなってるんだ?水のウォーターヘッドでどうやって揉んでるの?」、と下らない事を考えながら、やはり機械や構造が好きなんでしょうね。

図面の仕事がしたいです。

8uhdythgdhj45678833ngd56na

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA